2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2015.12.22 (Tue)

乳房量差における振動表現差およびその特性に基づく擬態語変化(おーぷん/part003スレ)

59 :名無しさん@おーぷん :2015/11/19(木)20:30:46 ID:7iO
「(自国の)これ好き」は言うけど
「(自国の)これ凄いでしょ」は滅多に言わないな、そういえば

61 :名無しさん@おーぷん :2015/11/19(木)22:05:07 ID:QDU
>>59
本当に自慢できるような特定地域の文化って、
当人達には普通過ぎて気がつかない物だよ

63 :名無しさん@おーぷん :2015/11/20(金)12:55:01 ID:eei
>61
そういえば自分も体験したな>本当に自慢できるような
特定地域の文化って、当人達には普通過ぎて気がつかない

外人無関係なんで1行で書くが
「TVに映る有名な祭りの神輿がやけに小さいなと
 思っていたら、自分の村の神輿が巨大なだけだった」
とか

外人が絡む「当人には当たり前すぎ、しかし実は…」となると、
昨日の和風総本家か
豆腐屋の映像を見て
「豆腐が整然と並んでいる! 
 この規律正しさは先進国だからか?
 先進国だからなのか!?」
となっていた人たち

64 :名無しさん@おーぷん :2015/11/20(金)17:15:22 ID:Pic
> 豆腐が整然と並んでいる!

よく分からないw
豆腐が並ぶのは普通のことじゃないの?w
それともその豆腐屋さんの並ばせ方が
国内でも尋常じゃないほどだったのかな

65 :名無しさん@おーぷん :2015/11/21(土)00:23:13 ID:2kJ
>>64
いや、我々の目から見れば
「ごく普通に冷蔵ケースの中に並んでいる」おとうふさんだったの。
日本全国、豆腐をパックで売っているお店なら
ごく当たり前にやっていること。
それが、ザンビア人からみたら「!?」だったんだそうで。

70 :名無しさん@おーぷん :2015/11/21(土)10:32:46 ID:Jce
>>63
逆に自国独特の物だと思って外国の人に教えてあげたら、
その人の国にも普通にあったりすることもあるよw

東南アジアの国で、
これはこの辺の名物で珍しいからって勧められて食ったのが、
形も味も日本のさつま揚げだった事があるw
日本で言う、ご当地B級グルメなんだろうね

*************

77 :名無しさん@おーぷん :2015/11/22(日)01:35:45 ID:SoC
スレ違いはよして~。
とは言え私もスレに相応しいかは微妙か。
数年前、日本語学習に熱心なフランス人女性に怯んだ話。

フランス語さっぱりな私に
「こんなこと私さんにしか頼めません……」とか言うもんだから、
ひそかに緊張して彼女のホームステイ先へ。

家主の許可を取ったのか心配になる量の書棚の陰から
彼女が取り出した資料は特殊と言えば特殊、
もしくは見慣れたジャンルの本で……。
「私さん、『オッパイプル~ンプルン』を詳しく教えて下さい」

三分程むせる私。
「細かい法則性があるはずなんですが、
 誰に教わればいいのか悩んでました」
フランス人は原典を大事にするとは聞いたことがあったけど、
そこに注目するとは……。

「違いますよ! オッパイだけじゃなく擬音は色々勉強してます。
 ただ『オッパイプル~ンプルン』は
 教わる相手を選ぶ必要があると思いました」
「私なら詳しいと思った理由を聞かせて欲しいわー、
 まぁ教えられる範囲で教えますけど」
そこから二人で資料を手に、オッパイスタート。

「『プルン』は基本的に質感と量感の表現で、
『プルンプルン』や『プルルン』は量感の強化になっていて……」
(何言ってんだ私)

「対して『プリン』はイ音への変化。
 『ブーン』が『ビーン』になるのと同様で高音域高振動。
 ここでは弾性の表現に……」
(何言ってんだ私)

「仮に『プラン』と書かれたならア音への変化。
 舌と口蓋の広さから距離の表現になるから
 若い女性のオッパイには相応しくないね」
(何言ってんだ私)

「そうそう。この『ボイン』は
 量感と弾性を同時に表現していることになるね。
 比較的新しい言葉だけど使い道が少ないから
 死語になっていくと思う。ボインは死ぬ」
(何私情挟んでんだ私)

こんな具合で結局半日を費やしてプル~ンプルン。
「あー良かった。私さんに聞かなかったら、
 この『ペロン』は服が捲れる表現で
 オッパイとは別って気付けませんでした。
 今のワタシ、フランス人としてはかなり
 『オッパイプル~ンプルン』に詳しい方だと思います」
「そうかもね……」
「学校の課題に提出してみていいですか?」

あの時、止めなければ誰かの学習の助けになる
オッパイ論文が出来ていたのだろうか……。

*************

79 :名無しさん@おーぷん :2015/11/22(日)04:23:07 ID:Vxl ×
流れなんか読まずに昔話

15年ぐらい前配達の仕事してた時の事
海運系の会社に配達に行って
担当者が居ないからってオフィスでちょっと待たされた
そしたら何か偉いっぽい日本人のオッサンと
パリッとしたスーツ着た黒人さんが現れて
オフィスの人と話してたのよ
黒人さんは会話に加わらずに
ちょっと手持無沙汰そうにしてた

んでその当時俺は背中の真ん中ぐらいまで髪伸ばしてて
脱色してマッキンキンな金髪だったのね
こっちも待たされてるしで
見るとはなしに外人さん目で追ってたら目が合っちゃって

外人さん 終始こっちと目線合わせながら無表情で
外人さん 俺を指さす
外人さん 今度自分の頭を指さす
外人さん 親指立てつつ「good!」てボソリと一言

えっ!えっ?て思ったけど
脱色した派手な頭褒めてくれたのかしらんと思って上ずりつつ
「サササ、サンキュー!」
て必死に返したわ

表情は一切崩さなかった外人さんだけど
ああいうのをCoolて言うんだなーて思いました
だらだらと長くなったスマヌ

*************

94 :名無しさん@おーぷん :2015/11/26(木)03:39:50 ID:lNh
台湾行ったら、台南のバーガー屋(お粥とかもある・・)

http://chiyo045.hatenablog.com/entry/2014/06/09/141551

↑ここめっちゃ親切でした。美味しい!
日本語できるお兄さんと意気投合。
台南の観光地に連れてってくれたw 
帰りに、寿司ストラップあげたら超喜んでくれたw
また行きたいなぁ

*************

133 :名無しさん@おーぷん :2015/12/01(火)05:11:53 ID:Xom
ちょっと前の日曜日の夜、仕事で都内の地下鉄に乗ってた。
時間も時間だけにオフィス街に向かう路線は結構空いてたんで、
悠々座っていると、
ある駅で若い家族連れが乗って来て俺の隣に座る。

俺はさして気にせず携帯をいじっていたが、
突然、隣の女性(奥さん?)に英語で話しかけられた。
ここで初めて隣の家族が外国人と気付く
(東南アジアっぽい顔だった)。

奥さん「ネクスト、○○ステーション?」
俺「え、あ、いえす! 違う、○○駅は次の次だから…
 あふたーざ、ねくすとすてーしょん!(で良かったっけ?)」
あわあわ答えつつ、一応携帯で路線図を見せて、
今いる駅がここ○○駅はここ、と指し示して説明。
目的の駅に着いたら「○○ステーション」と知らせる。

奥さんはニッコリと席を立ち、
旦那さん、子供たちも「アリガトー」と言いながら降りて行った。
件の○○駅は空港への直通電車への乗り換え駅。
帰国便に乗るのだろうか、楽しんでくれただろうか、
などと和みつつ、咄嗟の自分の英語力のアレさ加減に
orzとなった夜だったよ。

135 :133 :2015/12/02(水)20:14:26 ID:Uqe
1日1善。ついさっきあった人助け。

俺は神保町界隈で仕事しているが、
先ほど仕事がひと段落したので買い物に出たところ、
信号待ち中に英語で話しかけられた。
中国系っぽいメガネの青年。

スマフォ画面の地図を見せられながら道を尋ねられたが、
地図見る限りどうやら「一ッ橋講堂」に行きたい様子。
神保町、特に皇居寄り方面を歩いた人にはわかるだろうが、
大通り沿いはともかく、道を1本入ると急に街灯もまばらな
デカいオフィスビルや大学校舎などが立ち並ぶ街だ。

しかも日もすっかり落ち、大して看板も無い。
目的地は何となくわかるが、
学術研究系の施設など現在の俺の仕事に全く関係無いし、
暗い道を一緒にとぼとぼ歩きつつ
(前のネタの通り英語力はダメダメなので会話もままならず)、
さてどうしたものかと思案していると、雨まで降り出す始末。

大通りをちょっと行くと交番があるが、
恐らく目的地とは逆方向。
そこに路上駐車しているタクシー。
運ちゃんは客待ちの合間の晩御飯中だ。
ええい、ままよとタクシーの窓ガラスをノック、
窓を開けてくれた運ちゃんに食事中すみません、
と断って道を尋ねる俺。

運ちゃんのおかげで正確な道がわかり、向かうが…。
一ッ橋講堂の隣に信号を挟んで「共立講堂」という建物があり、
間違えて俺は青年をそこで解放してしまったんだ。
だが、何か違う、と俺も携帯で一ッ橋講堂を検索。
出てきた大雑把な地図を見て、
目的地がどうやら信号を渡って隣らしいと知り、
慌てて青年の元へ戻り、再び出発。
薄暗い場所に立つ看板を見て、
今度こそ目的地の一ッ橋講堂に到着したと確認。

青年にここだと指し示しお別れ。
彼は巨大な講堂前の立て看板を確認して
(何かの学術系イベントがあったのかも)建物に入って行った。
氷雨降る夜に勉学に励む(と思われる)青年に
心でエールを送りつつ、
どうにか手助け出来た〜と、安堵した俺。

137 :133 :2015/12/03(木)04:23:10 ID:ROx
スペインは魚が旨い。
毎年1回、欧州方面を旅行するのが、
ここ数年の恒例になっている。今年はスペイン。
5月の末に10日程のツアー旅行だった。

スペインと言えば生ハムも有名だが、
日本人のツアーということもあってか、
ツアー会社の予約したレストランでは(フリーの日もあった)
多くの魚介類が供された。

小魚を丸揚げにしたフライ、
エビと柑橘類のサラダ、魚介のパエリア…。
特に圧巻だったのが、
最終日の夜にバルセロナの海沿いレストランで食べた、
バカリャウ(干し鱈)とお米のスープに、
サルスエラ(スペイン風ブイヤベース)。

スープの方は鱈の寄せ鍋の最後に食べる、おじやと言う感じ。
バカリャウは隣国ポルトガルが有名だか、スペインでも人気の食材。
サルスエラは太っとい鱈の身やデカいエビがゴロンと煮込まれていて、
ツアー客10数人分を直径1m位の鉄鍋で一気に作る。
取り分けられたデッカい鱈を口いっぱいに頬張り、
赤ワインで流し込む幸せ(´Д` )
新鮮で下処理も丁寧なためか、臭みも全く無い。

そんな魚介が旨いスペインだが、
他のヨーロッパ諸国から来る観光客は、余り魚介を食べないそうな。
マドリッドの夕食では名物の小皿料理を食べたが、
色々出て来る魚介料理をモリモリ食べる日本人に、
お店の人も嬉しそうだった。

日本人が大好きなタコなんかは特に敬遠されるらしい。
ニンニクとオリーブオイルでサッと炒めたタコ、
うめー!と楽しんでると、しきりに「オイシイ?オイシイ?」と聞いてくる。
その度に「美味しい!」の大合唱。

食後、席を立つとまた「オイシイ?」と聞いてきたので
「美味しかった!」と過去形を教え、お店を後に。
やっぱり、自分達が好きな料理を
外国のお客さんに喜んでもらえると、嬉しいよね。
以上、スペインの魚介びいきの日本人に和む、スペイン人のお話。

*************

今回の記事の出典元(おーぷん2ちゃんねる)
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1447419131/
17:00  |  なごなご  |  トラックバック(0)  |  コメント(26)
Powered By 画RSS

Comment

総統閣下かな
おさかなくわえた名無 |  2016.01.21(木) 14:49 | URL |  【編集】

なんだこの胃袋を直撃する記事と※欄は!!

欧米人(南欧を除く)はタコ食わないわりに、人によるかもしれないが
イカは食うんだよなあ
カラマリっつー名前で英語のメニューに載ってるのを見かける
おさかなくわえた名無 |  2016.01.11(月) 21:33 | URL |  【編集】

スペインの干し鱈と日本のお正月に出回る棒鱈は違う物?
あれも戻して、煮込むよね。
棒鱈の煮つけ大お好きなのだが。
おさかなくわえた名無 |  2016.01.10(日) 00:40 | URL |  【編集】

ウフフ(≧∇≦)

米6(ry)さん、実は同じタイトルのスペイン料理のレシピ本を、今日アマゾンで購入しました!まだ届いてないんですが、勢いあまってクックパッドのレシピでパエリアを作り、赤ワインで飲んでます(≧∇≦)
「井ノ上 国綱」の偽名^_^;で顔本に載せてますので、良ければ覗いてみて下さい( ´ ▽ ` )ノ
スペインで食べた料理の写真もアップしてますが、鶏肉のクリーム煮を食べたのはグラナダでなくコルドバでしたorz
米14(ry)です |  2016.01.08(金) 03:57 | URL |  【編集】

米14(米17、米21)さん
>そう、これ! カルドソです! 検索して画像を見たら、まさにこれでした。

マ ジ す か Σ(゚Д゚)
目次に【サルスエラ】の載ってるスープのレシピ本を見つけた時はテンション上がりましたが、そのコメントを読んだ今、爆上げ状態です(*´▽`*)♪

【カルドソ】はバカリャウを購入するまで我慢我慢。。。
と思ってましたが、とても我慢できそうにないので、今週末、甘塩タラでカルドソ作りに挑戦してみます(≧▽≦)

購入したレシピ本に載ってるカルドソは、どう見てもパエリアと雑炊の中間って感じで、スープが見えないお料理でしたので、お米は少な目でw

魚のアラ、エビの殻、野菜、白ワインから作る【魚のスープストック】を作ってからの【カルドソ】作りとなるので、道のりは遠いですが^^
タラとお米のカルドソとチキンピリピリで、ビールを飲むぞ ( *´艸`)


>僕も作ってみようと思います(・ω・)ノ

米14(米17、米21)さん 、スペイン料理の素敵な情報をありがとうございました!
ご健闘をお祈りします~ (*´▽`*)ノシ
米6(米15、米19)です! |  2016.01.07(木) 22:19 | URL |  【編集】

カルドソ、カルドソ!

米6さん、レシピ発見、おめでとうございます( ´ ▽ ` )ノ
そう、これ! カルドソです! 検索して画像を見たら、まさにこれでした。バカリャウとお米、野菜の入ったスープ雑炊。トマトは入らず、あっさりした色と味の料理で、サルスエラの前に出てきました。
スペイン料理はパエリアの他にも、スープ雑炊やお粥、炊き込みご飯などお米料理も豊富なのですね!メロッソも美味しそう〜。じっくり味が染みたお米をつまみに飲むワインはたまりません!僕も作ってみようと思います(・ω・)ノ 美味しいご飯と旨い酒があれば、寒い冬も楽しい!(≧∇≦)
米14(17)です |  2016.01.07(木) 01:53 | URL |  【編集】

「ペロン」あたりは薄いものが動く感じだね笑
おさかなくわえた名無 |  2016.01.06(水) 21:24 | URL |  【編集】

米6( 2015.12.23(水) 02:15 )のものです。
それっぽいレシピ本を見つけました~。(*´▽`*)♪


米14(米17)さん
>料理名を失念してしまってスミマセン。サルスエラは覚えてたんですが…。

いえいえ、とんでもないです。
祈って頂いたお蔭で、最高のレシピ本が見つかりました。

『スペインのスープと煮込みレシピ』!!

【サルスエラ(魚介の地中海風煮込み)】は勿論の事、
【ポルサルダ(ネギとタラのバスク風スープ)】
【カルドソ?1(米とタラの煮込み)】
 ⇒ お米の量を1/3~半分にしたら、バカリャウとお米のスープっぽい!
【カルドソ?2(米と鶏肉の煮込み)】
【アホスープ(ニンニクスープの半熟卵添え)】

他にも美味しそうな肉や魚の煮込み料理が沢山w


米16さん
>バカリャウ関連なら、お隣、ポルトガル料理の本がお勧めかも。

素敵な情報をありがとうございます!
ポルトガル料理のレシピ本も同時に買いました。

『ポルトガルのごはんとおつまみ』!!

タラと鶏料理が満載でしたw
【タラとジャガイモのピポグラタン】
【タラのコロッケ】
【甘塩タラと海老のごはん】
【カンジャ(鶏とお米のスープ)】
  ⇒ 見た目が、バカリャウとお米のスープの鶏バージョンっぽい!
【チキンピリピリ】

ヤバイです。どれも美味しそうw


スペイン本のサルスエラ、ポルサルダ、メロッソ、
ポルトガル本のピポグラタン、カンジャ、チキンピリピリ、
この6品は今月中に絶対に作ります( *´艸`)


米14さん、米16さん
素敵な情報をありがとうございました!


管理人さん
スレを纏めて頂いたお蔭で、ビールに合いそうな料理のレパートリーが激増しそうですw
いつも和みをありがとうございます!
今年も宜しくお願い致しますヾ(*・ω・*)ノ
おさかなくわえた名無 |  2016.01.05(火) 23:22 | URL |  【編集】

スペインは干し鱈と塩漬鱈の両方使いわけるよ
70年代はじめにソ連がタラバ蟹放流したもんだから天敵なんにもいないノルウェーの海底一面タラバ蟹という暴君ぶりなんだって
お蔭様で鱈が激減し加工鱈も作れず廃業しタラバ蟹漁にジョブチェンジした漁師は数知れず
スペイン、ポルトガル、オランダなどの伝統的鱈料理の危機だそうだよ
おさかなくわえた名無 |  2016.01.03(日) 16:02 | URL |  【編集】

米6さん、ご健闘を祈ります。
( ̄^ ̄)ゞ
料理名を失念してしまってスミマセン。サルスエラは覚えてたんですが…。食べた時、余りに和食を連想させる味だったのにビックリしました。干し鱈はアマゾンとかのネットでも手に入るみたいですね。他の方のコメントにありますが、確かにスープも含めてバカリャウ料理のレシピはポルトガル料理の方がダントツの豊富さ。レシピを探すならそっちの方が見つけやすいかもしれません(・ω・)ノ
米14です |  2016.01.01(金) 11:43 | URL |  【編集】

バカリャウ関連なら、お隣、ポルトガル料理の本がお勧めかも。
家庭用のレシピ本が多いしね。
おさかなくわえた名無 |  2015.12.31(木) 22:28 | URL |  【編集】

米14さん
米6( 2015.12.23(水) 02:15 )のものです。

もう、料理の描写が上手すぎて、ここの纏め読んでから、Amazonでスペイン料理の本を検索しまくってますよ!
スペインはパエリヤやバル系の料理本は多いけど、魚介中心の本が中々見つからない。

バカリャウとお米のスープ食べたいから、正月休みに大型書店巡り行ってきます
(´;ω;`)
おさかなくわえた名無 |  2015.12.31(木) 10:59 | URL |  【編集】

魚介が苦手でも

証明は出来ませんが、スペインの魚介話を書いた者です。まとめサイトに載ってウキウキ( ´ ▽ ` )ノ
2つ追加ネタを。
バカリャウとお米のスープは、パエリアやリゾットと違い、汁気の多いまさにおじやでした。戻した塩漬けの干し鱈の味がしみ出したスープの中に、旨みを吸ったお米が泳ぐ。スープをゴクリと味わいながらお米を噛み締める。行ったのは初夏でしたが、真冬に食べたら、くっはぁ〜とため息の出る味です。
魚介が旨いスペイン。お肉だってもちろん旨い。グラナダの夕食、広場にオープンカフェのようになったバルで食べました。フライドポテトが付いた、鶏のクリーム煮をメインに、ミニスパニッシュオムレツとサラダ。ワインはグラスで5杯も飲み、連れはグラスビールを1杯。これで日本円で3000円ちょっと。余りの安さに驚きです。
イタリアと同じく、スペインでも何を注文してもパンの盛り合わせが必ず出てきます。トロトロにホワイトソースで煮込まれたデッカいぶつ切りの鶏肉を味わいつつ、時折ソースにパンを付けて食べ、ワインをグビー。塩味でかためのパサついたパンは、ソースやスープに浸して食べるのに最適。
何気なく作ってる料理がどれも本当に美味しかった。バルセロナを観光中、街中のガウディの建築物の合間で見かける、生ハム&チーズのサンドイッチ屋さんが超美味そうで…! 食べ歩きしたかった〜!
魚介が苦手でも、スペインには美味しいものがいっぱいですよ(≧∇≦)
おさかなくわえた名無 |  2015.12.30(水) 04:08 | URL |  【編集】

だっだーん!ボヨヨンボヨヨン!!
おさかなくわえた名無 |  2015.12.30(水) 00:52 | URL |  【編集】

フランス人なら、

総統閣下の「おっぱいぷるんぷるーん!」

を紹介しても問題は無かっただろう(白目)。
ku |  2015.12.28(月) 17:27 | URL |  【編集】

20年ぐらい前にとあるマンガでスペイン風タコとトマトを煮た鍋を作ってみた事があるが
美味でしたわw
ついでにソーセージぶち込んでみたしw
トマトの量はケチらないw
腹に溜まるからこの季節はいいですよw
おさかなくわえた名無 |  2015.12.25(金) 23:30 | URL |  【編集】

オッパイへの真面目な講義に謎の感動がw
ばいんばいんとか他にも擬音あるよね、なかなか深い…のか…?

台湾のバーガー店お餅揚げ美味しそうだ
スペインの魚介料理は文章だけでお腹へる…
タコにオリーブとにんにくさっと炒め、おつまみに良さそうだなあ、そのままでもモリモリ食べられそうメシウマ国の海の幸い いなー
おさかなくわえた名無 |  2015.12.25(金) 21:20 | URL |  【編集】

食べ物系はどうしても弱いな、
腹減った…なんか作ろう
おさかなくわえた名主 |  2015.12.23(水) 12:51 | URL |  【編集】

おっぱい関連の擬音語って色々あるよね。
ボインだのドインだのポロリだの。
自分は絶壁だから、そういう表現ができる同性のおっぱい見るとうらやましい。

あと、スペイン料理が美味しいのは同意。
スペインに行ったことあるけど、生ハムとかは当然として、魚介類のパエリアとかピンチョスとか、本当に美味しかった。
おさかなくわえた名無 |  2015.12.23(水) 11:44 | URL |  【編集】

自国オリジナルだと思っていたら云々で一つ。

私にとっては皆目見当も付かない謎なのだが、
あやとりが日本独自のものだと思っている人は
珍しくないようだ。何でなんだろうね。
名無しさん |  2015.12.23(水) 06:18 | URL |  【編集】

最後のスペイン料理の描写が、どれも美味しそうでお腹減る~(´・ω・`)
スペイン料理のレシピ本買ったら、バカリャウとお米のスープ載ってるかなぁ。


>しきりに「オイシイ?オイシイ?」と聞いてくる。

マドリッドの人達、可愛い❤
『ESTA MUY RICO』の発音頑張るから、日本にお店を出して…(つд;*)
おさかなくわえた名無 |  2015.12.23(水) 02:15 | URL |  【編集】

昨夏、ポルトガル行った帰りにバルセロナ立ち寄った。
魚介、生ハム、果物、緑ワイン(白のさらに若いやつ)が美味しかった。
干し鱈はジャガイモとグラタン風にしたのが美味かったな~
他にもタコの雑炊やら鰯の塩焼きやら。日本人に生まれて良かった。
気候温暖で海が近いって食環境としてはかなり恵まれてるよね。
おさかなくわえた名無 |  2015.12.23(水) 02:07 | URL |  【編集】

つい先日の夜のこと、カフェから出てきた黒人のお兄さんがいきなりスマホを取り出しカメラ撮影。
撮った方向を見てみたら、信号待ち中のトラックの青く光るタイヤ。
外国人には珍しいのかな?
おさかなくわえた名無 |  2015.12.22(火) 21:01 | URL |  【編集】

プルンプルンの分解言語化はいつ見ても感心するw
おさかなくわえた名無 |  2015.12.22(火) 19:51 | URL |  【編集】

スペイン魚介の表現が美味しそうでたまりません( ゜ρ゜ )

水産資源が減るから、魚介の美味しさは知らないとこは知らないままでいい…とも思いますが、せっかく美味しいのに知られてなくてあまり食べられてないのはもったいない、もったいないよ…!と欧州旅行者の肩を掴んで揺さぶりたい気分。

なんだったかの本で、日本人はトンガ(多分)の料理(海の幸メイン)を旨い旨いと食べるから好感を持たれる(白人さんはあまり食べないとかで)……とか読んだのを思い出しました。

魚介の大半が苦手な私は駄目なんですけど(´・ω・`)ひとさまが食べてるさまや、料理の見た目や表現はとても美味しそうに思えるのです(´ρ`)
おさかなくわえた名無 |  2015.12.22(火) 18:32 | URL |  【編集】

何度も「オイシイ?」て聞いてくるとか、カワイイなw
おさかなくわえた名無 |  2015.12.22(火) 18:11 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nihonnagonago.blog115.fc2.com/tb.php/839-93df7b0c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |