2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.08.30 (Sat)

職業に貴賎なし?(風来坊シリーズその15・(おーぷん/part001スレ))

アンドレと鍋【後編】(風来坊シリーズその14・おーぷん/part001スレ)のつづきです)

540 :元風来坊 :2014/08/04(月)06:37:55 ID:UWFVFdbkq
和むスレですので躊躇していたのですが、
この話は外せないと思ったのでカキコします。
私の話を鵜呑みにされて、
ボーイ、メイドはもちろん現地の人々がただただ日本人に対し、
馴れ馴れしい人々だと思われては困りますから。
その女性の態度に私はあまりに驚いてしまったので。
躊躇した理由は、外国人男性が現地女性を連れているとは?
どういうことか??ということです。
和むスレには適当ではないかも知れませんが、
それはごくごく当たり前、普通の光景なのです。
金持ちが船や車で大勢美女を侍らせて遊ぶ。
そんなイメージありますよね。お金持ちなんだからモテモテ♪~
じゃなくって、あれはつまりそういうことなのです。
あれはただの雇用関係ww

風来坊だった頃。
食堂のテーブルで談笑していた私。
そこへ私と仲の良い外国人男性が現地女性を伴って談笑に加わりました。
彼らは一緒に旅行しているようです。
彼女は私が「あの日本人様」であることを知っていましたが、
恐らく日本人と接するのは初めてだったのでしょう。

皆で談笑していると
その現地女性が、脚を組み替えるかなんかした時のこと。
何と!!!こともあろうに
この「日本人である俺様www」の膝に
その現地女性の靴が当たったのでしたwwww
正直に言いますとムッとしました。
「このアマっ、気をつけろ」
口には出してませんヨ。思っただけ。普通でしょ。普通だと思いますよ。

当然のことですが(?)、その現地女性は慌てて
ハンカチを取り出すと跪いて、
「日本人である俺様www」のズボンを拭きながら
”申し訳ありません!!大変申し訳ありません!!”
と謝り始めたのです。
呆気にとられた私は
その女性がズボンをハンカチで拭くのを
しばらくボンヤリと見ていました。

当然ですが寛いでいる私はふんぞり返り、
頭の後ろで手を組んでいました。

日本人ならこう教わります。
「職業に貴賎なし」
確かに貴賎は存在します。これは間違いない。
この女性の職業が貴賎の「賎」であることは間違いのない事実でしょう。
だがしかし。教育ではそうは教わりません。
貴賎は存在しても誰かを見下す権利は誰にもありません。
相手がどんな立場、職業の人間であろうとも
この現地女性と私は対等のはずです。
程度の差はあるでしょうが、
跪く相手に対して
日本人なら誰でも私と同じような対応をすると思います。

541 :元風来坊 :2014/08/04(月)06:38:23 ID:UWFVFdbkq
あまりに予想外の出来事に呆気にとられた私。
何が起きているのか解らないままに彼女を眺めていました。
ふんぞり返って。手を頭の後ろで組んで・・・

・・・我に戻った私。
「わわわ!!いかんいかん!!!」
慌てて椅子から降りて、跪いた私は、
”どうしたの?”と言いました。
ムッとしたのは事実ですが、ここまでされると逆に恐縮してしまいます。

現地女性は驚いた顔をしたかと思うと、
同じく跪いた私の顔をまじまじと見つめて
”え?あ??いや、アナタのお召物を汚してしまったので”
現地語と英語混じりです。
当然ながらこんな敬語など私は理解できません。
でも会話してると何となく意味が解るもんなんです。

”で?そんなことしてるの?”
”はい。あの・・・服が汚れますよ?”
”いいから。立って。そんなことするのは止めて”
私は彼女の手を取って言いました。
彼女を立たせた後、私も立ち上がりました。
そしてズボンについた砂をパンパンと、はたいて現地語で言いました。
”これでおっけ~♪問題な~~し”
女性がクスッと笑い
その場の和やかな雰囲気は壊れませんでした。
よかったネ~~~って・・・・そうなんだけど~~~!!!

以後、困ったことになってしまいました。
その女性は、食堂などで会うたびに
私に向かって満面の笑みで挨拶するようになってしまったのです。
時には手を振ったりとかww
私は内心、「おいおい!!仕事しろよ~~!!」とヒヤヒヤしてました。

wwwwwwww皆さんならどう思われるでしょう??

少し足が当たったくらいでこの慌てよう・・・。
或いは弱い立場であることを弁えていた彼女は
必要以上に恐縮していたのかもしれません。
現地の人々はその人間の人となりを見極めるまでは
親切かつ礼儀正しく接していました。
初対面のメイド、ボーイは通常皆、私に対し、こういった態度でした。
何度か発言してますが、黄色人種の嫌われよう、というよりも
恐れられようはハンパないですから。
「サー」と呼ぶのは当然でしょう。
但し、日本人を知ってるか知らないか?で全く異なります。

・・・そうですね。
一泊すれば、大抵、態度は変わってましたかねえ・・・。
やっぱ日本人はナメられとる??ww

おしまい

************

今回の記事の出典元(おーぷん2ちゃんねる)
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1339225217/
17:00  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(9)
Powered By 画RSS

Comment

文体からいって、だいぶ昔の書き込みなんだろうなあと思ったら最近でびっくりしたw
おさかなくわえた名無 |  2014.09.04(木) 18:30 | URL |  【編集】

黄色人種が恐れられてて現地人より立場が上っぽい国て、アフリカのどっかの国なんだろうか?
資源開発やらなんやらで中国がかなーり進出してて、相当影響力あるみたいだし
おさかなくわえた名無 |  2014.09.03(水) 12:50 | URL |  【編集】

これは、いったい・・・
おさかなくわえた名無 |  2014.09.03(水) 11:40 | URL |  【編集】

何かで読んだな
「貴方のご主人様の国(植民地の宗主国)はどこですか?」って聞かれて困惑した、って
「日本は植民地になった事が無いからそんな国は無い」って答えたら「そんな国が有るのか!」ってビックリされたとか
おさかなくわえた名無 |  2014.09.03(水) 09:28 | URL |  【編集】

メイドさんに蹴られる⇒
×ムッとする
○ありがとうございます
おさかなくわえた名無 |  2014.09.03(水) 01:57 | URL |  【編集】

大変興味深い質問を投げかけられました。
それでも風来坊氏の行動を正しいと考える理由、それはすべての人類がこうあるべし、ということです。我々の不断の努力により日本発のグローバルスタンダード(この言葉自体は大変嫌いだが…)と為すべきでしょう。
大陸的なものの考え方は駆逐されるべきです。
クマのプータロー |  2014.09.01(月) 22:44 | URL |  【編集】

それでもこれが職業美人白人だったらこんなハンカチ出すようなことしないよなって思うよ。
アジアに滞在の外人の話なイメージで読んでたんだけど。
アジアってなんだか物悲しい気持ちになるんだわ。
名無し |  2014.09.01(月) 20:50 | URL |  【編集】

主人とメイドをきっちり区別する欧米のルールで動いているから、
そういうのを意識しない日本人的な態度をすると混乱しちゃうのはしょうがないんだよなぁ。
おさかなくわえた名無 |  2014.09.01(月) 15:38 | URL |  【編集】

礼儀正しさって言うのはある意味、身を守る処世術でもあるから、お付の人がした反応は当然かもしれないなぁ。
おさかなくわえた名無 |  2014.08.31(日) 08:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nihonnagonago.blog115.fc2.com/tb.php/802-63f7098c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。