2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.01.08 (Tue)

思い起こせば台湾で(part203スレ)

393 :おさかなくわえた名無しさん:2013/01/01(火) 02:15:28.30 ID:k0qtotHM
2013年 明けまして おめでとうございます。

新年ですから、記念に書いて残しておこうっと。

十数年くらい前の台湾旅行でのこと。
台湾の温泉地を周遊する旅行の台東での出来事です。
その日の宿泊予定地は、市内から30Kmくらい離れた山沿いにありました。
市内の自由散策に飽きて、早めに宿に行こうとなりました。
タクシ-で行こうかとも、思いましたが、
ロ-カルバスでも行けるんではないかと
バスセンタ-で地図を示しながら、筆談すると、
ホテルの目の前にバス停があるとのこと。
同行者3人のチケットを購入し、
バスセンタ-の待合室でバスを待っていました。

その当時のことですから、
台東への日本人の観光客は、まだまだ少数だったみたいです。
我々の直ぐ後ろのベンチに、高校生と思われる男子学生が4~5人いて、
しきりにこっちを見てヒソヒソと話をしていました。
その様子から察するに、我々と会話をしたいような感じでした。
でも、どうしても話かけられずにモジモジしている仕草が、
いかにも田舎の学生ぽくて、純朴そのものといった感じ。

いいかげん、こっちから話かけてみようかと思っていると、丁度バスが到着。
学生達は、我々との接触をあきらめ、バスに乗り込み、
運転手にちょっかいを始めている模様。
我々は、出発まで少し時間があったので、
ベンチに座ったままボ-ッとその様子を眺めていた。
運転手は、初老の見た目、気の弱そうな感じで、
学生達は、運転手の制帽を取ったり頭をつついたりしていました。
でも、運転手はいつものことといった感じでニコニコしながら、
軽く流している様子でした。
出発時間が来たので、我々もバスに乗り込みます。

394 :おさかなくわえた名無しさん:2013/01/01(火) 02:19:09.85 ID:k0qtotHM
乗り込む際、うっかり「○○温泉行きですよね」って、
日本語で聞いてしまいましたが、
すると初老の運転手は、ものすごく流暢な日本語で
「はいそうです、○○温泉の何ホテルですか?」
「えぇ-っと・・・△△ホテルです」
「ああ、それなら××バス停の前です。*番目で降りて下さい」
「分かりました、ありがとうございます」
と、奥に視線を向けたところ、ぽっかり口を開けたままの男子学生やおばさん達。
バスの最後列近くに座って、前を見ると
運転席の周りを男子学生達が取り囲んでワイワイしている。
程なくバスは出発した。
温泉地は郊外であったため、バス停に止まる度に乗客が少なくなってゆき、
我々が降りる頃には、他に1~2人の状態でした。
降りる際、運転手さんが笑いながら
「あなた達のおかげで、凄い凄いってみんなから言われましたよ」
って、ちょっぴり誇らしげな様子。
「我々の世代は、日本人として育ったのにおかしな話ですよね」

以上、日本びいきかどうか定かでない台湾男子高校生達の風景の思い出でした。

**********

411 :おさかなくわえた名無しさん:2013/01/01(火) 10:24:40.33 ID:k0qtotHM
さっそく、「六軒町」です。

2012年12月31日放送された「日本の食堂7」の中で
オ-ストラリアの日本人が経営するレストランが取り上げられていましたが、
それに関連するエピソ-ドを思い出しましたので、投稿します。

番組の中で「タスマニア」の養殖サ-モンを取り上げていましたが、
あれは、タスマニア西南にある、“Strahan”という町の
沖合にある養殖場に違いありません。
なぜ、分かるかというのは、この街に泊まった際、
出会った日本大好き“おねぇさん”(30歳以上)のご主人が
この養殖場に勤めていて、
1時間以上も日本のサ-モン料理の質問を受けた体験があるからです。

“○○ マナ-”ホテルに宿泊したんですが、
そこのスタッフの一人として、朝食の世話をされており
私が日本人だと知るなり、
「毎日のようにサ-モンを食べているが、焼く方法とスモ-クしたものを食べるくらいで
 他に食べ方しらない?」って、ニコニコしながら話かけてきました。

415 :おさかなくわえた名無しさん:2013/01/01(火) 10:51:21.71 ID:k0qtotHM
そこで、{ホイル焼き}とか{ちゃんちゃん焼き}や
{あぶり}や{干し物}等について、延々説明させられました。
かねてから、醤油や味噌は調味料として、
わざわざメルボルンとかから買っていたらしく
その味や風味については、「大好き」とのこと。

そこで、魚臭さが気にならないように、酢で締めるとか、
日本酒に浸すとか昆布で包んで下味を付ける、
なぁんてことについてまで話は進みます。

当方、早朝からの観光ツア-「ゴ-ドンリバ- クル-ジング」に参加予定で
早起きしていて、頭は半分寝ている状況で、
英語がカタコトしか分からない私にキラキラした目で、
テンションアゲアゲの早口英語で聞いてきます。
ときおり、「ツア-時間は大丈夫?」とか
「早く出かけないと」とか言ってくれますが
コ-ヒ-飲み終わったら、継ぎ足してくるし、ど-せいと・・・。
主婦の方々にお願いです。
彼の地を旅行で訪れて、“おねぃさん”と会われることがあったら、
他の日本料理を教えていただいたら
大好きから日本超好きにレベルが上がると思いますので、よろしくお願いします。

***********

495 :おさかなくわえた名無しさん:2013/01/03(木) 19:16:35.75 ID:dv/ztkmL
六軒町です。

数年前になります。
“ユ-レイル グロ-バル パス”を利用して、
フランス・ドイツ・オ-ストリア・チェコ等を周遊していました。
“パス”には、固有ナンバ-と名前・国籍が印刷されています。
列車を乗り換える毎、鑑札の度に提示する必要性があります。
パスポ-トと同じくらい大切なものです。
だから、万が一の紛失に備えて、
カラ-コピ-でサイズ通りに切ったものを持参しておりました。
本物の方は、現地で使用開始日付と最終日付が記入されます。
コピ-には、書き忘れていました。

さて、パリからウィ-ンへの移動中、私の旅行では、
ミュンヘンで夜行寝台から通常高速列車に乗り換えがありました。
その、通常高速列車内で鑑札の時、
時差ボケと早朝乗り換えであったこととで、頭がボ-ッといており、
間違ってコピ-の方を提示してしまったみたいです。
当然、日付けが未記入なので直ぐに指摘され、
あわてて本物を提示し直しましたので、事なきを得ました。

1時間くらいして、忘れたころ、さっきの車掌さん(?)と
別の方の2名で来られ、もう一度見せてくれとのこと。
今度は、本物を提示したのですが、コピ-の方も見たいとのこと。
しばらく、2人で話をされていましたが、ドイツ語なので全く分かりません。
当方としては、「偽札と一緒で重犯罪なのだろうか?」と不安になってきます。
数分後、
「日本のカラ-コピ-はすごいねぇ、もう少し進歩したら見分けつかなくなるよ、
 ほんとにすごい」(意訳)
てなことを、言いながら返してくれました。
(アメ-ジングとかファインとか言いまくりwww)
渡しながら、コピ-の方を指差し
「違った日付を書かないようにねっ」と、ものすごい笑顔で言われました。
怖かった。

************

543 :おさかなくわえた名無しさん:2013/01/05(土) 22:18:18.41 ID:UPJFgcjr
六軒町です。

また、台湾の親日話です。
最近では、“八田 與一”と言えば、
ここのスレの人達にも知れわたっていますよね。
ですが、10数年前では、
出身県人くらいしか馴染みの無かったように思います。
自分も、それまで何回も台湾旅行に行っていたのに、
全く知りませんでした。

台湾旅行中、阿里山のご来光を見に行く、
ミニツア-があるというので、参加することとなりました。
行きは、阿里山登山鉄道で登り、帰りはマイクロバスで下山します。
真夏というのに、山頂は0度以下でガタガタ震えるくらい寒いのに、
2時間もしないうちに42度という暑さになっています。
次の目的地が、その暑さの為に無理だと判断されたようでした。
そのミニツア-には、自分を含めて5人くらいの日本人がいて、
その内の一人の方が“八田 與一”のことをご存じだったようで、
時間があるなら、ちょっと遠回りになるかもだが、
「烏山頭ダム」へ行きたいと言われました。

544 :おさかなくわえた名無しさん:2013/01/05(土) 22:19:50.18 ID:UPJFgcjr
「烏山頭水庫公園」の中にダムと、“八田 與一”の銅像があります。
その公園は、広大で、入口で入場料が必要でした。
ミニツア-のガイドの人は、台湾人で台北の人でした。
そのガイドの方が、その料金を払うところで、
「この人達は日本人で“八田 與一”さんの言わば墓参りの為に来られたんだ。
 それなのに、料金を取るというとは何事だ。」という内容の抗議をされたそうです。
料金所には、2人の女性(両方ともおばさん)だけで、
執拗に抗議しても、絶対ダメだとの一点張りでした。
そうすると、ガイドの方が自分の財布からお金を出し、
全員の入場料を払われました。

“八田 與一”の銅像と奥様の墓は、
公園を奥深く進んだ小高い丘に珊瑚湖とも呼ばれるダム湖の見えるところにあります。
ガイドさんが、我々をそこまで案内されるやいなや、
声を上げて「せっかく八田さんに会いに来ていただいたのに、見苦しい・・・」
と言われながら、号泣されました。
「台湾人を嫌いにならないで下さい。恩知らずと思わないで下さい・・・」
と“八田 與一”の銅像に膝まづかれました。

そして、帰りの車の中でツア-客が入場料金を差し出しても
「これ以上恥をかかせないで」と言われ、決して受け取られませんでした。
かつて「宝島 別冊」の中の「台湾特集」の中に
「古き良き時代の日本人の姿が、台湾には現存する。」という、一節がありましたが、
まさしく、それを見たような気がしました。

***********

今回の記事の出典元
17:00  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(29)
Powered By 画RSS

Comment

台湾、行きたいなあ
数年前に台湾土産としてカラスミをもらったんだけど、とても綺麗な明治文体で料理法が書かれていたよ

おさかなくわえた名無 |  2013.01.20(日) 02:44 | URL |  【編集】

朝から泣いたよー
ああ、行ってみたいなあ、台湾。
病気が良くなったら、絶対行くぞー!
おさかなくわえた名無 |  2013.01.15(火) 09:03 | URL |  【編集】

「我々の世代は、日本人として育ったのにおかしな話ですよね」

なんか申し訳ない気持ちになった。。。
台湾一度行きたいな。
   |  2013.01.12(土) 10:40 | URL |  【編集】

運転手さんの「我々の世代は、日本人として育ったのにおかしな話ですよね」 という言葉にズシーンと来た。。゚(゚´ω`゚)゚。ピー
おさかなくわえた名無 |  2013.01.11(金) 03:53 | URL |  【編集】

台湾映画の多桑を観た時、切なかった。
非情城市は名作だった。
初めて見た台湾映画は、村人と爆弾だった。戦中の日本と台湾との関係がいっぱい詰まった良作だったのに、当時台湾のことをロクに知らなかった。もう一度観てみたい。そこに出てくる登場人物たちと、バスの運転手さんのような人々とを今でも重ねてしまう。
どれも今でも心に残る。
おさかなくわえた名無 |  2013.01.10(木) 23:40 | URL |  【編集】

本編で泣かされコメント欄でまた泣かされ更に泣かされ(ToT)駅のホームのベンチで携帯見ながらほろほろ泣いてる痛々しい人になってます(;∇;)
おさかなくわえた名無 |  2013.01.10(木) 18:32 | URL |  【編集】

ありがとうございます!
感謝や態度、考え方、物腰…数え上げたらきりがありません。本当にありがとうございます。これが全てです…。
  |  2013.01.10(木) 17:28 | URL |  【編集】

管理人さま、あけましておめでとうございます。新年の和みをありがとうございます。超久し振りに本スレをのぞいて激しく後悔しております、本当にいつもまとめありがとう、そしてお疲れさまです。
名無し |  2013.01.09(水) 23:02 | URL |  【編集】

明けましておめでとうございます。今年もすぱころさんのペースで頑張っていただけたら幸いです。
 最後の八田さんのお話には、うるっときました。
まだまだ古き良き日本が台湾で大事にされているようで嬉しいです。
おさかなくわえた名無 |  2013.01.09(水) 22:47 | URL |  【編集】

あけましておめでとうございます。
今年もこちらのサイトでなごなごさせて頂きます。
よろしくお願いします。

シャケの話に和んだ。
発酵した調味料だから万人受けするわけではないのに大好きと言われると照れる。
とおりすがれ |  2013.01.09(水) 21:48 | URL |  【編集】

なんともまぁ胸の熱くなる話しですね・・・
名無し |  2013.01.09(水) 21:06 | URL |  【編集】

明けましておめでとうございます。いつも和みをありがとうございます。

仕事で出会った素敵な台湾さんのエピソードを本スレに書き込みに行きたいんだけど、2ちゃんはまとめを見る程度なので携帯からの書き込みの仕方が分からない(´・ω・`)
なんとか調べて書き込みに行こうと思うので、待っててください!
本当、ありがたい人がいっぱいいるところですよね。
おさかなくわえた名無 |  2013.01.09(水) 20:03 | URL |  【編集】

仕事中なのに泣かせんじゃねーよ
ありがとう
おさかなくわえた名無 |  2013.01.09(水) 11:26 | URL |  【編集】

管理人のすぱころさん、皆さん明けましておめでとうございます。

最初の優しい運転手さんのお話で和んで
鮭のお話で鮭…鮭料理?鮭茶漬けも美味しいよねってアレ(゜∀゜)?料理?

とか思っていたら最後のお話で
やだもーやだー、ガイドの方が号泣のくだりでリアルに涙ぐんじゃったじゃないのー
最後にコメント欄読んだらまた涙キタワァ(´;ω;`)

昔の建築物大事にして下さってるんですね
建築関係のお仕事はしていませんが、古い建物大好きなので
また台湾に行きたい理由が増えてしまった…w絶対旅行いくぞお
おさかなくわえた名無 |  2013.01.09(水) 07:41 | URL |  【編集】

あけおめで御座いますすぱろこさん。

本年も元スレ以上のなごなごをこちらで楽しみたいと存じます。m(_ _)m

台湾、良いッスね~。
ら |  2013.01.09(水) 05:20 | URL |  【編集】

入場料は、維持管理しているのなら当たり前かと
台湾の人が命をかけて守ったって話も聞きますし
普通の日本人なら気にしないでしょう

料金次第かもしれませんがw
名無しさん@Pmagazine |  2013.01.09(水) 04:17 | URL |  【編集】

や、観光地で金取るのは普通だからあんまり畏まらないで欲しい
申し訳なくて行きづらくなるし
取った金で掃除の一つでもしてくれれば重畳
おさかなくわえた名無 |  2013.01.09(水) 02:25 | URL |  【編集】

ドイツの車掌さんのエピ、目の付け所が日本のカラーコピー技術とは、さすがドイツ(語圏の)人w
なんかなごんだ。

台湾は短歌の文化も引き継いでいるし、戦前の「綺麗な日本語の話し言葉」みたいのが残っているのかもね(現代日本の話し言葉が汚いというわけではないよ。言葉は変わって当たり前のものだと思うんで)。
おさかなくわえた名無 |  2013.01.09(水) 02:21 | URL |  【編集】

年明けに3度目の台湾行って、台南・高雄をぶらぶらしてきました!
建築の仕事してるので、台湾にたくさん残ってる古い日本の建物を見たり、かつての日本人の足跡を訪ねて回るのが楽しい。
当然、烏山頭水庫にも行きました。復元された八田氏の日本家屋が素晴らしかった!
台南市内でも、日本家屋を復元してるのを数箇所で見ました。
日本時代の古い建物を使い続けるだけでなく、きちんと改修したり復元したりする台湾人に、ありがとうと言いたい。
ちなみに初詣は、飛虎将軍廟でした(笑)
おさかなくわえた名無 |  2013.01.09(水) 00:52 | URL |  【編集】

台湾は台北しか行ったことないなぁ。
台南まで行きたい。新幹線乗りたい。

自分も10年以上前に故宮博物館へ行くバスの中でおじいさんに日本語で話しかけられたことある。
どこへ行きたいの?とか、自分は国民学校に通っていたんだよ、とか。着くまでしばらく話してたけど、日本人と久々に日本語で話せたと言ってた。(確かに流暢ではなく、ちょっとかたことだったけ)
おさかなくわえた名無 |  2013.01.08(火) 22:32 | URL |  【編集】

昔からの台湾人て中国人とはまるで違うんだね
@ |  2013.01.08(火) 22:27 | URL |  【編集】

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします!

八田さんはとても有名ですね。入場料を払うことになっても台湾人は恩知らずなんて思わないよ。それが当たり前だし心痛まないでほしい。
おさかなくわえた名無 |  2013.01.08(火) 22:12 | URL |  【編集】

バスの運転手さん話でほんわかし、最後の話でうるっとしましたよ。
台湾の方、ありがとう。
おさかなくわえた名無 |  2013.01.08(火) 22:09 | URL |  【編集】

烏山頭ダムの話を読んで、とても懐かしくなりました。
私の祖父の分墓がまさしくその、八田さんの銅像の後ろにあります。

祖父の百歳の祝賀会にも、葬式にも、かつての部下や、本人が亡くなっていれば子や孫が駆けつけてくれました。

祖父は生前、台湾での充実した日々を何度も何度も語っていました。祖父は青春を台湾に埋めてきました。

いかに八田さんや祖父が台湾を愛したか。台湾の純朴で誠実な人々を愛したか。わかるような気がします。

今、台湾の人々が日本を愛してくれているとしたら、その裏には台湾を愛してやまなかった日本人たちがいるのだと、心の片隅に留めておいてください。
おさかなくわえた名無 |  2013.01.08(火) 21:10 | URL |  【編集】

最後のエピソードは胸に迫るなぁ…
名主さん |  2013.01.08(火) 20:51 | URL |  【編集】

日本人として学校で18歳くらいまで日本語で勉強してたら、
日本語で考える頭になってるから忘れられない人もいるんじゃないかな。
李登輝さんもそうだよね。
その後中国語覚えるの大変だっただろうなぁ。
昔日本だったんだよね。すごく不思議な感じ・・・
おさかなくわえた名無 |  2013.01.08(火) 20:45 | URL |  【編集】

昨年台湾旅行してきました。某レストランですれ違い様に「日本からいらしたの?」と脚の悪い初老のおばあさんに声をかけられました。
後になって、あまりにも普通の日本語だったので彼女が台湾人だったことにも気づきませんでした。
でもよく考えて見ると、彼らが日本語で話をしていたのはもう60年以上も前の事。その後は日本語も禁止されて北京語オンリーで現在に至っているのに、どうして流暢に話せる人達がいるのか本当に不思議でした。
自分でさえ話さなければ英語をどんどん忘れてるのに・・。ちょっと情けない気がしました。
おさかなくわえた名無 |  2013.01.08(火) 18:53 | URL |  【編集】

最後のエピソード、こっちも泣けてきた。昨日まで台湾に行ってきたのでナイスタイミングだった。
おさかなくわえた名無 |  2013.01.08(火) 18:44 | URL |  【編集】

あけおめです。
本年も楽しませて頂ければと思います。
名無しさん |  2013.01.08(火) 17:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nihonnagonago.blog115.fc2.com/tb.php/727-e770db1f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。