2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.08.08 (Wed)

芋食って(´・ω・)ショモン(part194スレ、195スレ)

815 :例えばこんな日本びいき 39:2012/06/30(土) 19:56:07.06 ID:iH8SlAKn
【幻の親日国家、ハワイ王国】

明治政府にとっての最大の外交課題が、
他国との条約の改正だったということは、
大抵の人が知っていることだと思います。
では、最初に条約の改正に応じてくれた国がどこか、ご存知でしょうか?
当時、独立国であったハワイ王国です。

1795年、カメハメハ一世によってハワイ王国が樹立。
1810年にハワイ諸島が統一。
1820年ユダヤ系キリスト教の宣教師団がハワイ上陸。
1825年、信仰の対象であった火の女神ペレが、
摂政カアフマヌ王妃により否定。
ハワイの政治に宣教師の発言力が強くなります。

この時期、アメリカ、イギリス、フランスが、ハワイの植民地化を狙っており、
王国政府は、それぞれ国から移民してきた
白人勢力と宣教師の思惑により翻弄され、
政治基盤を奪われていく過程にありました。

間引きなどの風習が禁じられ、ハワイ語をアルファベットで
置き換えるなどの文教政策がとられる一方、
伝統文化であるサーフィン、歌謡のオリ、舞踊のフラが禁止。
ハワイの伝統宗教の神殿が壊され、
洋服の着用が強制されるなど、伝統文化の排除も行われていきます。

1840年、ハワイ憲法が公布。立憲君主制が成立。
ほぼ同時に、土地所有の概念がなかったハワイに土地法が施行。
貿易による負債を抱えていた王国政府は、白人資本家に土地を売り払い
返還にあてました。そのため、1862年までに、ハワイ諸島の土地の
四分の三が白人のものとなります。

816 :例えばこんな日本びいき 39:2012/06/30(土) 19:58:08.05 ID:iH8SlAKn
悪質なのは、宣教師としてハワイやってきながら、
サトウキビなどのプランテーション経営に携わり、
住民を安い賃金で酷使して富を築いた白人が多かったこと。
「宣教師」は当時のハワイの全人口の4割にのぼる住民を告発したといいます。
ようするに白人のプランテーション経営者に逆らえば告発されるのです。
これら白人富裕層は、俗に「砂糖貴族(sugar baron)」と呼ばれていました。

また、西洋人によってもたらされた各種疾病により、
一時は30万人以上だったネイティブハワイアンの人口も、
5万人まで減少してしまいます。

カメハメハ王朝は五世で血筋は絶えてしまいます。
1873年、ルナリオ王即位。
注目すべきは、ルナリオ王が、ハワイ立法府の
議員による選挙の末、承認され王位についたことです。
当時のハワイでは、ある程度の民主的な政権運営が成り立っていたのです。
1874年、ルナリオ王急死に伴い、カラカウア王即位。
カラカウア王もまた、選挙により議会に承認された王でした。

カラカウア王は、アメリカに従いつつも伝統に回帰する政策を志向します。
しかし、多くの伝統は既に失われ、回復は不可能でした。
そんな中でも、国王は、フラを復活させ、自ら国歌を作詞。
また、当時としては世界的にも珍しい電気設備をそなえた
イオラニ宮殿を建築するなど、国威発揚に努めました。

817 :例えばこんな日本びいき 39:2012/06/30(土) 19:59:38.87 ID:iH8SlAKn
日本とハワイの関係を見ていきます。
1867年、日布親善協定締結。
1868年、アメリカ人ヴァン・リードによって、
日本から無許可で集められた移民がハワイに到着。
幕末の政治的混乱に乗じた人身売買に近いものだったようです。
1871年、日布修好条約締結。
プランテーションでの労働力を求める、米・英・仏の後押しによって結ばれた
日本側に不利な条約でした。

1881年、国王は、移民・外交問題解決のため、アメリカ人の随行員とともに、
世界一周の旅に出ます。まずはハワイからサンフランシスコ。
そして、太平洋を横断し日本に。外国の元首の最初の日本訪問でした。

このとき国王は、日本政府に事前に、自らの訪問を伝えていませんでした。
ところが、国王一行を乗せた「オーシャニック号」が横浜港に入港すると、
日本の軍艦が接舷、最高儀礼である21発の礼砲を轟かせます。
さらに、上陸した国王の耳に聞きなれた歌が響きます。自らが作詞した
ハワイ国歌、「ハワイ・ボノイ」を日本の音楽隊が演奏しているのです。

当時、北米大陸から欧州まで、
また、欧州から東アジアまでは、電信が可能でした。
サンフランシスコの日本総領事から、ヨーロッパ経由で、
国王の日本訪問が伝えられ、
日本政府は万全の準備で「初めての外国元首」を出迎えたのです。

最初の訪問国での思いがけない歓待は、国王を大いに感激させたのでした。

851 :例えばこんな日本びいき 40:2012/07/01(日) 13:48:50.49 ID:tiAHrkr1
「ここには白人が一人もいない」
横浜から鉄道で、当時の皇居赤坂離宮に移動中、
カラカウア国王は新鮮な驚きを覚えます。
「白人がいなくても、近代国家の運営は十分に可能なのだ……」
近代国家として歩む日本の姿は、彼を大いに勇気づけるものでした。

3月10日深夜、国王は通訳一人を連れて、密かに赤坂離宮を訪れ、
明治天皇に謁見を求めます。
深夜の訪問をいぶかりながらも謁見した明治帝に、
国王は驚きの提案をするのです。

日本とハワイの連邦化、日本主導によるアジア共同体の創設、
日本・ハワイ間に独自の通信ラインの設立、日本からの移民の要請、
そして、国王の姪・カイウラニ王女と皇族・山階宮定麿王の婚姻。
彼の長年の構想『アジア太平洋国家の同盟』の第一歩でした。

しかし、当時の日本政府首脳は、慎重で現実的でした。
日本とハワイにそこまでの力は無いと判断。
国王の提案は丁重に断られます。
また、この提案は、後にアメリカ人随行員に知られることになり、
アメリカ政府が国王に不信感を抱くようになったようです。

連邦化こそできませんでしたが、前回述べたとおり、
国王は、日本滞在で
日本側に不利だった日布修好条約を改正することを約束してくれました。
後に、ハワイ側の要請を受ける形で、
日本からの移民は認められることになります。

日本を去る際の国王の言葉です。
「さようなら、日本よ・・・・うるわしき日本よ。
 できればここにずっと住んで、
 心やさしき親切な人々の住むこの国の
 移り変わりを見届けたい気がする。かなわぬことではあるが。
 アロハ・ヌイ」

852 :例えばこんな日本びいき 40:2012/07/01(日) 13:56:29.14 ID:tiAHrkr1
国王の世界一周旅行は続き、中国、東南アジア、ヨーロッパ各国を巡り、
ローマ教皇レオ13世、英国のヴィクトリア女王とも会談しています。
しかしながら、国王の期待に反して、
目ぼしい成果はあげられませんでした。
国王は、暗い気持ちでハワイへの帰途につきます。

1886年、カラカウア王は、太平洋の島々を結ぶ連邦構想、
ポリネシア連合構想のために予算3万ドルを計上。
しかし、翌1887年、サンフォード・ドールを中心とする
アメリカへの併合を求める「砂糖貴族」などが
共和制派として銃を取って集結。
クーデターにより、武力により新憲法を認めさせたのです。
この「銃剣憲法」(ベイオネット憲法)は、
王権を制限し、議会の力を強めるもの。
民主化を求めるもののようですが、その実、
参政権は、欧米生まれの裕福な白人移民のみに認め、
それまでの現地住民の選挙権を大幅に制限する内容も
盛り込まれていました。
事実上、「砂糖貴族」による、権力の独占化だったのです。

ちなみに、このサンフォード・ドールの従兄弟が、
後に、アメリカの飲料メーカー「Dole」の創始者となります。

1889年、王党派の義勇軍による反乱があったものの、
結局は共和派政府により鎮圧されています。
失意の中、カラカウア王は、それまで
王家秘伝の口承であった創世神話
「クムリポ」を後世に伝えるべく公表します。
1890年、アルコール依存症からの体調不良の療養のためサンフランシスコへ。
そして、翌年初頭に死去。
妹のリリウオカラニが女王として跡を継ぐこととなりました。

959 :例えばこんな日本びいき 41:2012/07/02(月) 22:14:30.82 ID:W7L+sHz7
女王リリウオカラニの即位した1891年、
アメリカ連邦議会で新しい関税法案が議決されます。
これにより、アメリカ国内の砂糖には奨励金がつき、売れ行きが激増。
逆に、ハワイの製糖業は打撃を受けました。
農園の地価・賃金が下がり、失業者が増加。
砂糖貴族たちは、自分たちの砂糖の売れ行きを戻すため、ハワイ王国を
アメリカに編入・併合してもらうことを考えるようになります

そのためか、女王が指名した閣僚は、
入閣を拒否するなどの嫌がらせを行い、
1892年11月まで、内閣が成立しませんでした。
女王は、横暴な砂糖貴族との対決姿勢をより鮮明にしていきます。
1893年、1月14日、彼女は、共和制派の主要メンバーが不在の隙を狙い、
王党派と結託して新内閣を組織。国王の権限を強める新憲法を発布し、
そのまま議会を閉会するという強硬策に討ってでます。

これに、共和制派は猛反発。
「血に飢えた、淫乱な女王が恐怖の専制政治を復活させる」として、
アメリカ軍の出動を要請。
1月16日に、ホノルルに停泊していた軍艦ボストンから、
164名のアメリカ海兵隊が派遣されイオラニ宮殿など主要な建物を包囲。
さらに17日、共和制派が政府庁舎を占拠。臨時政府の樹立を宣言します。
新たなるクーデター。これが、いわゆるハワイ革命です。

2月1日、アメリカ公使スティーブンスは、女王の抗議を無視し、
ハワイをアメリカの保護下とすることを承諾。
ハワイ政府庁舎に星条旗が掲揚されました。

臨時政府は、王政の廃止を宣言。女王は幽閉。
王党派は、ボストンの砲身を宮殿に向けさせたまま、女王に退位を迫ります。
射程距離の長い砲で威圧しながらの政治交渉。
これは、幕末の日本を開国させる際に用いた「砲艦外交」です。

960 :例えばこんな日本びいき 41:2012/07/02(月) 22:20:29.88 ID:W7L+sHz7
ハワイ王朝も、もはや風前の灯……。しかし、奇跡が起こりました。

2月23日、一隻の軍艦が現れ、
ボストンの隣、宮殿に向けられた砲口を邪魔する位置に投錨、停留したのです。
五日後、さらに新たな軍艦が現れ、今度は反対側に投錨。
ボストンは二隻の軍艦に挟まれる形になり、
宮殿への砲撃は不可能になりました。

二隻は、日本海軍の巡洋艦「浪速」と「金剛」。
それらを率いていたのは、後に、日露戦争・日本海海戦において、
世界に名を轟かすことになる軍神、東郷平八郎その人でした。

日本海軍が派遣された表向きの理由は、邦人保護。
しかし、極秘裏に女王から要請があったとも言われています。

王党派は、涙を流し喜びました。
これにより現地で、「ナニワ」という言葉が、
「ありがとう」という意味で定着した……といいますが、本当でしょうか?

このとき、日本とハワイ王国の間で、カラカウア前国王が約束していた
条約改正が実行され、平等条約が締結されます。
これは、諸外国の中での初の条約改正であり、また、これにより、
ハワイは、清・メキシコに続く、
日本との三番目の対等条約の締結国となりました。

巡洋艦二隻は、三ヶ月にわたりハワイに留まった後に帰国。
11月、今度は「高千穂」と「金剛」が、ハワイにやってきました。
翌年、1894年1月、臨時政府は、革命一周年を記念した祭典を催します。
日本をはじめ、ホノルルに停泊にしている各国の軍艦に、
敬意を表す礼砲21発を要請。
しかし、日本海軍・東郷平八郎はこの要請を無視。
「現在の臨時政府の正当性を認めない」という態度を示したのです。
他の国々の艦船もこれに倣い、祭典は寂しいものとなります。

961 :例えばこんな日本びいき 41:2012/07/02(月) 22:21:45.10 ID:W7L+sHz7
臨時政府の面目は潰れ、先住ハワイ人は、
このような日本側の毅然とした対応にまたも喝采を浴びせたのでした。

さて、この数年前から、ハワイからヨーロッパに留学に来ていた
ハワイ出身の一人の美しい女性が
イギリス・フランスの社交界の華となっていました。
彼女こそプリンセス・カイウラニ。女王の姪にして、
カラカウア前国王が、日本の皇族・山階宮定麿王との婚姻を望んだ王女です。
ハワイ王朝が存続すれば、彼女が次の王位につくことが、
既に決定していました。
王女はハワイの政変を知るやいなや、すぐさまアメリカに旅立ちます。
アメリカ政府に臨時政府の不当性を訴えるつもりだったのです。

ニューヨーク港では「野蛮なハワイの娘」が嘆願にやってくることを
新聞記者たちが待ち構えていました。
しかし、彼らは、目の前に立ったカイウラニ王女の姿に息を呑みます
若く美しい顔立ち。品のあるしぐさ、洗練された英語による感動的なスピーチ。
魅了された記者たちは、たちまち王党派支持にまわります。

ニューヨークのマスコミを味方につけた王女は、
当時、就任直後のクリーブランド大統領との会見を取り付けることに成功。
大統領に、ハワイの政変を徹底調査する確約をとったのでした。
このとき、カイウラニ王女はまだ18歳。
この若さにして素晴らしい政治手腕です。

調査により、共和制派の数々の問題点が明らかとなります。
アメリカ政府は、ハワイの併合を拒否。ハワイ政庁から星条旗が下ろされ、
スティーブンス公使は更迭。海兵隊は船に戻されます。

日本からの圧力。それにアメリカ本国からの併合拒否。
さしもの臨時政府も、この時点での、
アメリカ併合は不可能と判断せざるを得ませんでした。

16 :おさかなくわえた名無しさん:2012/07/04(水) 07:09:56.82 ID:xj4IpGVv
アメリカ本国から、ハワイの臨時政府に、
「リリウオカラニ女王を正式なハワイの
統治者であることを認め、現地位と権力の全てから退くこと」との要求。
しかし、臨時政府側は、これを内政干渉として拒否。

彼らは、ハワイ王党派に協力的なクリーブランド大統領の任期終了まで、
何としても、臨時政府を存続させるつもりだったのです。
それにしても、アメリカとの併合を望み、アメリカの海兵隊まで使って
軍事行動を起こしながら、
自分たちの要求が通らないと「内政干渉」と言い出すのですから、
相当無理があります。

1894年7月4日、臨時政府は、アメリカの意向を無視し、
新国家の樹立を宣言。
「ハワイ共和国」を名乗り、新憲法を発布。
初代大統領はサンフォード・ドール。

残念ながら、このとき、頼みの綱の日本は動けませんでした。
間の悪いことに、
朝鮮半島で甲午農民戦争(東学党の乱)が拡大の一途を辿り、
日本と清との間で緊張が高まっていたのです。
「高千穂」と「金剛」は既に3月に帰国しています。
この後、8月には日清戦争が開始。
1895年3月まで継続することとなります。
開戦直前のこの時期、そして戦争中だったこれ以後、
とてもではありませんが、
日本にはハワイに軍艦を送るだけの余裕はありませんでした。

1895年1月6日。王政復古を目指す先住ハワイ人たちが武装蜂起。
しかし、新政府によってすぐ鎮圧されます。
新政府側は、この機会を逃さず、リリオカラ二女王の周辺を調査。
1月16日、宮殿から武器や弾薬が見つかり、
女王ならびに王族が逮捕、幽閉されます。
この武器や弾薬は、実は女王の亡き夫のコレクションだった骨董品。
新政府は、難癖をつけて彼女を追い込んだのです。

18 :おさかなくわえた名無しさん:2012/07/04(水) 07:13:44.55 ID:xj4IpGVv
1月22日、女王は、王族と200人ほどの彼女の支持者の命と引き換えに
王位請求を断念。共和国への忠誠を誓う宣言書に署名します。
これが、ハワイ王国の最期でした。

1897年、ウィリアム・マッキンリーが大統領就任。

同年11月。カイウラニ王女が、8年ぶりにハワイに帰国。
ホノルル港では彼女を一目見ようと、大変な人出になりました。
彼女は、王家の正式な後継者であり、
また、アメリカ本国政府、マスコミにも知られています。
ハワイ共和国・新政府ですら彼女を支持。

場合によっては、彼女を女王にすえた王朝の復活もありえる状況でした。

しかし、1898年7月7日、ハワイ共和国の主権は、アメリカ合衆国に委譲。
つまり、ハワイはアメリカに併合されたのです。
これは、「マニフェスト・ディスティニーは終わった」と考える
クリーブランド前大統領とは違い、
新大統領が「海のフロンティア」を標榜し、
アメリカの帝国主義を推進する政策の持ち主だったため。
また、米西戦争の影響から、アメリカ本国では太平洋上に
恒久的な軍の補給地を作ることの必要性が論じられていたためです。

さらに、悲劇が襲います。1899年、カイウラニ王女死去。享年23歳。
来を嘱望されていた王女のあまりも若い死。
王朝復活の最後の希望も失われたのです。

和服を着て和傘を持ち、微笑んでいるカイウラニ王女の写真が残されています。
彼女が幼い頃、一度は、日本の皇族との結婚を求められたことを考えると、
その微笑が、何か切ないものに感じられます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%8B

19 :おさかなくわえた名無しさん:2012/07/04(水) 07:17:37.95 ID:xj4IpGVv
最後に……。
1895年から、アメリカで、おそらくは皆さんもご存知のある曲が、
アメリカの西海岸を中心に流行します。
曲名はアロハ・オエ。ハワイ王朝、最後の女王リリオウオカラニにより
作られた曲です。一部をご紹介します。

あなたにアロハ あなたにアロハ       (Aloha `oe, aloha `oe)
木の陰に佇む心優しき人           (E ke onaona noho i ka lipo)
去っていく前にもう一度あなたを抱きしめよう (One fond embrace, a ho`i a`e au)
また会えるその時まで            (Until we meet again)

懐かしく暖かい思い出が胸をよぎる      (`O ka hali`a aloha i hiki mai)
ついこの間のことのように          (Ke hone ae nei i ku `u manawa)
愛する人よ 我が愛しき人よ         (`O `oe n? ka`u ipo aloha)
真心は決して引き裂くことはできない     (A loko e hana nei)

歌詞は、女王が若い頃に見た、ある少女と軍人との別れの光景から
生まれたとされていますが、滅び行く祖国ハワイへの惜別の思いが
綴られているともいわれています。

リリウオカラニ女王は、1917年、79歳で死去。

約100年後の1993年11月。
アメリカ議会は、
ハワイ併合にいたる一連の行為の違法性を公式に認めました。
少しでも、天国の彼女たちへの慰めになったのでしょうか……。


さて、【幻の親日国家、ハワイ王国】は、ここまでです。
4回にわたる長い文章を、読んでくださった方に感謝。

**********

850 :おさかなくわえた名無しさん:2012/07/01(日) 12:39:00.11 ID:a/047YS8
和んだw 個人的にはスターフォックスが一番。
カービーほとんどモンスターw
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50372771.html

**********

907 :おさかなくわえた名無しさん:2012/07/02(月) 00:06:46.36 ID:0gSyzaOa
先週帰宅ラッシュ時間に新宿の丸の内線からJRに向かう途中に
九州名物冷やしたクリームパンが売ってるんだけど
いつもプラカード持って大声で呼び込みしてる人いて
凄い太った白人のご婦人2人が何事かしらと見た瞬間、
凄い笑顔で速攻並んでたよ。

**********

950 :おさかなくわえた名無しさん:2012/07/02(月) 18:28:30.06 ID:J2a06NpO
じゃがりこもそうだけど、
ドイツ人の知り合いは日本の芋系スナックが何か好きなんだそうだ
ポテチとかじゃなくてね
じゃがびーはちょっと食べがいが無い
(´・ω・)ショモンてしてたのにちょっと和んだ

**********

954 :おさかなくわえた名無しさん:2012/07/02(月) 19:57:49.80 ID:PfECLZZ6
ディスカバリーチャンネルで放送してる
「アンソニー世界を喰らう」ってここではお馴染み?
昨日は北海道編だったんだけど、アンソニー・ボーデイン氏、
この元シェフで人気作家のオッサンはかなりの和食通だよ
大阪編では、お好み焼きやたこ焼きホルモン焼きとか
北海道ではラーメンにそば、かにとか炉端焼きとか食べてた
女将さんに「よく飲みますねえ」と言われるほど、日本酒飲んで
イクラ最高とか言ってるのw
お寿司とか食べる顔が本当にうれしそうでナゴナゴするし、
アイヌの文化も紹介したりして、見ごたえあったよ

955 :おさかなくわえた名無しさん:2012/07/02(月) 20:28:55.31 ID:wW4wHORf
>>954
日本編は最早、彼個人の強い意向で撮ってるよなw

***********

976 :おさかなくわえた名無しさん:2012/07/03(火) 02:52:21.99 ID:5iDNOoeA
取引先のイタちゃん、トマトプリッツと源氏パイが大好き。
見た目はオシャレダンディなんだけど、いつもトマプリ持ってる。
ほかにも、ケータイのストラップがキレネンコだったり、なかなかお茶目
ごくせんは第二シリーズが一番好きらしい

***********

987 :おさかなくわえた名無しさん:2012/07/03(火) 06:32:46.83 ID:xeGg5oyA
新橋と横浜でイタリア人にイタリア語習ってたけど
どの先生も日本は本格的なイタリア料理店がいっぱいあるって喜んでたよ。
デロンギも売ってるし。
当時は横浜駅の地下にリトルイタリーがあって、
とある先生はそのうちの1店をひいきにしてた。
デパートに入ってるようなのは食材もレストランも高級過ぎとも言ってた。
ナポリタンや和風パスタはほとんどの先生が認めていなかった。
日本でイタリアのファッションやサッカーや食材が崇拝されてることは
純粋に嬉しそうだった。
でもイタリア人はイタリアより出身地の帰属意識のが強いみたいで
ローマ出身はローマ最高って思ってるし、
北部の人はローマより南はアフリカとか言ってるしw
最北部(チロル地方)出身だと
「イタリアもイタリア料理も大嫌い」って言う先生もいた…。

************

991 :おさかなくわえた名無しさん:2012/07/03(火) 13:47:53.56 ID:dDWpcu6T
朝五分ぐらいの遅延だったが遅延証明書もらった
そしたら白人の人が不思議そうにしてた
遅延証明書って日本だけなの?

今回の記事の出典元
今回の記事の出典元
17:00  |  なごなご  |  トラックバック(0)  |  コメント(30)
Powered By 画RSS

Comment

>アメリカって自由と正義の国っていうイメージが定着してるけど

アメリカにとっての「自由」と「正義」だな
その為なら他国にも容赦しない植民地化も辞さないというイメージがある
自国の利益の為なら当たり前なんだろうがこっちからすると「偽善者」と言う言葉がぴったりくる
おさかなくわえた名無 |  2013.04.08(月) 15:59 | URL |  【編集】

ハワイのイオラニ宮殿には、謁見の間から
女王が軟禁された部屋なんかもあるよ

更に言うと、カラカウア王と一緒に写っている
明治天皇のお写真まであるのだ

ハワイに行った際にはぜひ
   |  2012.09.13(木) 00:42 | URL |  【編集】

ハワイの歴史、全然知らなかった。
気の毒すぎると思ったのと同時に、スジを通した日本が誇らしい。
日本も戦後に色々とねじ曲がった部分はあるんだろうけど、敗戦にも係わらずここまで日本のアイデンティティを残せたのは凄いと思う。
先人に感謝。
  |  2012.08.15(水) 15:55 | URL |  【編集】

ハワイはそれでも最後の王族達の誇り高さと言動が後の民の誇りとなりその記憶は残るだろう。徳川幕府の慶喜公しかり、最後の幕引きって凄く大事だよね。
翻ってグダグダの終わった国家・民族の末裔は色々哀れだからね。
  |  2012.08.14(火) 20:57 | URL |  【編集】

まぁハワイは移民に参政権を認めた結果というか...
人口の少ない国が移民に参政権を与える事がどれだけあほな行為かよくわかる事例ですね
最低でも二世や三世からにすればまだマシだったかもしれません

中国/インド相手だと日本も危ないよなぁ~
まぁだから移民問題は難しい訳で..
おさかなくわえた名無 |  2012.08.14(火) 15:51 | URL |  【編集】

ハワイの話は反米なんじゃなく事実を書いただけだと思う
十字軍を中東目線から書いたら反欧州なのか
ベトナム戦争をベトナム目線で書いたら反米なのか
フィンランドの冬戦争をフィンランド目線で書いたら反共なのか
事実の方が残酷だし、勝者と敗者がいる物語を敗者の目線から見ただけだよ
おさかなくわえた名無 |  2012.08.12(日) 22:06 | URL |  【編集】

個人的には当時はそういうもんって感覚で読んでたんで
コメ欄の反応が意外だ

どっちかっていうと、選挙の重要性が身に染みた
自分の国だけの問題じゃなくて、他の国にも影響があるんだよな
小さな国にとっては、大国の舵取りが存亡を左右するくらいに
おさかなくわえた名無 |  2012.08.12(日) 07:04 | URL |  【編集】

反米つーよりも、単に事実を書いただけじゃないかな?

アメリカって自由と正義の国っていうイメージが定着してるけど、実際は何が起きてたのか、真実は何なのか、えげつない事実であっても知っておくことは必要だと思うよ。

あと日本は大戦前まで植民地ではなかったけど、戦後は分断統治(左翼、右翼、在日とかで内部対立を煽り弱体化させる)と愚民化政策(間違った情報、アホな番組を流して真実を隠す)で完全にアメリカの植民地になってると思う。最近は中国の、でもあるかな。

和めなくてごめん。でもこのスレは貴重よ。
おれんじ |  2012.08.12(日) 02:31 | URL |  【編集】

>事実かも知れないがここは日本とハワイが反米で手を組むスレではない。
個人的には和みよりやや「悲劇の王国ハワイ」の視点に寄りすぎてる気はするな。

ハワイ視点に寄りすぎ…?
実際はこれよりもっと残虐だよ
名無し |  2012.08.11(土) 22:49 | URL |  【編集】

長文の歴史系ネタ投稿してるのたぶんいつも同じ人だよな。句読点の打ち方とか、特に言い回しとかそっくり。
よく調べてるよな。

トマトプリッツ好きだーー!!
おさかなくわえた名無 |  2012.08.11(土) 21:15 | URL |  【編集】

先月プリンセスカイラウニの映画が公開されてたけど観たひといる?ぐぐったら主演のプリンセス役の女優さんより、本人の写真のほうが儚げな美人でかなり白人ぽくてびっくりしたわ
おさかなくわえた名無 |  2012.08.11(土) 05:53 | URL |  【編集】

アンソニーの番組は他のアジア地域のロケで、何故か最後に日本に来て日本で締めるという荒技をやってのけた回があったよねw


知識のない他のアメリカ人司会者の他国料理番組に比べ、どこの国に対しても客観的に評価してくれるところが好きです
おさかなくわえた名無 |  2012.08.10(金) 21:53 | URL |  【編集】

>>2012.08.10(金) 00:07
ここはスレじゃなく、ただのまとめサイト


ドイツ人に芋系スナックは鉄板らしいねw
おさかなくわえた名無 |  2012.08.10(金) 16:58 | URL |  【編集】

>2012.08.08(水) 18:42 さん
ハワイでは日系人社会が結構大きかったかと。
かの442部隊の主力もハワイからの志願兵が
メインでしたし…。
おさかなくわえた名無 |  2012.08.10(金) 06:05 | URL |  【編集】

事実かも知れないがここは日本とハワイが反米で手を組むスレではない。
個人的には和みよりやや「悲劇の王国ハワイ」の視点に寄りすぎてる気はするな。

イタリア北部か…
行ってみたいな…
おさかなくわえた名無 |  2012.08.10(金) 00:07 | URL |  【編集】

>ハワイ王国と日本の関わりについては、どっかから書>籍が出てたハズなのでこの機会に探してみようと思う。

例えばこんな日本びいきのスレで本が紹介されているよ。
おさかなくわえた名無 |  2012.08.09(木) 22:43 | URL |  【編集】

耶蘇の宣教師ってのは要するに侵略の先兵。
  |  2012.08.09(木) 21:15 | URL |  【編集】

毎回、更新を待ち遠しく楽しんでいます。
今回のハワイの話、リアルな白人の侵略手口が鬼畜過ぎて最後まで読む気になれませんでした。
日本が植民地にならずに済んだのは鎖国政策ばかりで無く、秀吉が宣教師の外道ぶりを見て追い払ったのが効いたのかも。
神奈川県民 |  2012.08.09(木) 20:57 | URL |  【編集】

日本に来た宣教師も、バチカンに送った書面に「伊勢神宮をつぶして十字架を掲げる日が待ち遠しい」って書いた話もあったよね。

ドールのアイスよく食べてたけど、販売元がロッテだからいつからか買わなくなった。
おさかなくわえた名無 |  2012.08.09(木) 20:44 | URL |  【編集】

>ハワイの話、親日なごなごというよりも
>反米要素のが強すぎね?

前にテレビで見たハワイ王国の番組も
スレ話と似たようなあらすじだったわ。
反米要素も何も事実じゃない?
最後には王女の美しさと知性にノックアウトした米国世論は
ハワイ王国の味方についたけど
王国滅亡の地盤を作ったのはまぎれもなくアメリカだろう。
しかし王女の顔が残念だった場合、どうなってたんだろうな…
おさかなくわえた名無 |  2012.08.09(木) 13:13 | URL |  【編集】

宣教師って汚すぎワロタ状態だなぁ。
ハワイは最終的に白人に乗っ取られちゃったんだよね。
一歩間違えれば日本もこうなっていた。
くだんの王女も白人との混血だし、
最後の女王もアメリカ人と結婚してる。まさに末期の王国。
願わくば日本の皇室はそうならないように願う。
おさかなくわえた名無 |  2012.08.09(木) 12:58 | URL |  【編集】

ちょwDole今度から買うときは考えるわw
しかしもったいないな、
皇族でも特別なイケメン宮家ができてたはず
おさかなくわえた名無 |  2012.08.09(木) 12:04 | URL |  【編集】

日本に力があれば日本の一部になってたってことか?
実に惜しいなw もつたいないぃー
  |  2012.08.09(木) 09:45 | URL |  【編集】

ドールのジュース飲みたくなくなっちゃったよ~
おさかなくわえた名無 |  2012.08.09(木) 07:10 | URL |  【編集】

ハワイの記事を読むと、日本国内に寄生している在日朝鮮人の在留特別許可を取り消さなければと強く思います。
朝鮮人が日本国内に居住する正当な理由は、全くないのですから。
ただ単に、ゴネて居座っているだけです。

それにしてもハワイ王国が存続していたら、すばらしく美しい国だったのでしょうね。
残念です。
おさかなくわえた名無 |  2012.08.09(木) 06:16 | URL |  【編集】

ハワイ王国と日本の関わりについては、どっかから書籍が出てたハズなのでこの機会に探してみようと思う。
おさかなくわえた名無 |  2012.08.08(水) 22:07 | URL |  【編集】

ハワイの話、親日なごなごというよりも
反米要素のが強すぎね?
私の読んだ本ではドール氏個人の悪逆の結果として書かれてたが・・・?
(WW2当時、ハワイには米国に属さない、ドール家個人統治?の島があって
真珠湾で被弾してそこに不時着した零戦パイロットへの暴虐話に付随して
ハワイ王国滅亡に関しても書かれてた物を読んだ)

最後の話
たったの数分遅れで日常的に遅延証明出すのは日本だけです
先進国であっても、数時間単位の遅れも当たり前の国が多いので・・・
特に国土の広いインドやロシアの長距離列車だと、10時間単位の遅れも・・・
名無しさん@ニュース2ちゃん |  2012.08.08(水) 20:45 | URL |  【編集】

明治期の日本政府は己を知り、且つまたそれでも通すべき筋を通そうとする立派な人たちだったね。
まぁ仏像さんには悪い事したけど…
古き良き日本などと振り返っては居られない、というがむしゃらさも、場合によっては悪くない。

多分何処が間違ってるとか指摘来るんだろうけど。


遅延証明は日本だからこそ通用するやり方かなぁとかちょっと思う。
あの頃の京浜東北は良く止まったなぁ、今でも結構止まるのかな
おさかなくわえた名無 |  2012.08.08(水) 20:23 | URL |  【編集】

すぱろこさん更新ありがとうございます。
ハワイ王国の末路には悲哀を感じました。悪い王様に民衆が蜂起したり、国内の意向で王政が終わったなら、自然な終焉と思えるけれど他国の干渉で1つの王国が亡くなるなんて。

子どもの頃、なぜ本土とあれほど離れたハワイがアメリカの州なのか不思議に思ったことを思い出した。

遅延証明は日本以外では出てるのかな?そもそもヨーロッパの鉄道なんて遅れて悪かったなんて思ってない気がする。
おさかなくわえた名無 |  2012.08.08(水) 19:13 | URL |  【編集】

ハワイのお話、すごくいいことですよね。ところで、そちらに売られてしまった日本人はその後、どうなったのでしょうか?やはり、その土地に土着化したのかな?
おさかなくわえた名無 |  2012.08.08(水) 18:42 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nihonnagonago.blog115.fc2.com/tb.php/698-283ef02d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。