2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011.12.09 (Fri)

考えが甘かった(part183スレ)

213 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/01(火) 00:15:48.64 ID:4UDlzyDK
親父の話

戦後、日本に布教に来てたシーア派のイラン人と親交があった。
領事館?の人間だったらしい。

そいつらのトコに泊り込んでた時の話が、
子供の頃のお気に入りだった。
「知ってるか? 
 カレーって赤いのや黄色いのや緑のもあるんだぞ?」
とか始まると、
もう M&M's みたいな極彩色を想像しちゃうわけ、子供だから。
今じゃ、その中身の想像もつくけどさw

で、親父は俺と一緒で辛党で甘いのが苦手、お茶もストレート派。
でもイラニやイラキは基本的に禁アルコホールなので、
コーラ大好き、紅茶・珈琲に砂糖10杯がデフォ。

ちなみに、「日本最高、タブーが少ないです」
ってタイプはトルコ人やインド周辺だね。
イラニやイラキは真面目、社会的抑止力が少ないのを嘆く感じ。

214 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/01(火) 00:16:37.80 ID:4UDlzyDK
そんで、泊まってる時の苦痛のひとつがお茶なんだって。
砂糖10杯を目の前で入れてかき混ぜてる、嬉しそうに。
それで、さぁ飲めって見つめる。妙なキラキラ眼力だってさw

3日目ほどに我慢できずに、
「砂糖抜きでくれ」って言っちゃたのよ。
「お前、体調悪いのか?」とか
「気分悪いのか?」とかw わいわい騒ぐのよ。
「そうだ、ああ気分が悪い、体調が悪いから、
 砂糖を 抜 き で お茶をくれないか?」

そしたら大変、東京の大使館に電話かけ始めるわの大騒ぎw
「大丈夫、安心しろ。ヘリがこっちに飛んでいる。
 福岡にも薬草があってよかったよ。」 だってw
親父は真っ青、心の中では「おおごったーい…」

ムスリムの人達って、信頼関係のできている相手には
無条件で自分にできるすべてを差し出すのよ。
単に親父の嗜好っていう小さな話が浮き彫りにした、彼らの誠意を思うと
いまさらながらチョトだけ和んでしまうのです。

215 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/01(火) 00:18:23.75 ID:4UDlzyDK
で、エピローグ

薬が届いたらしくあわただしく煎じたりお湯を沸かしたりが始まった。
ヘリが飛んだって聞いて以来、針のムシロだった親父もやっと安堵。

「ノボル、これを飲んでくれ。すぐに体調がよくなるから」って
親父の目の前で薬湯に砂糖を10杯ほど入れながら、
最高の笑顔で言ったそうだ。

225 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/01(火) 01:25:15.45 ID:4UDlzyDK
なんか色々親父の想い出が溢れてきてる
スレチだけど許して

戦後すぐの頃、まだまだ世情は慌しい、日本ももちろんドイツでも。
親父は独女性と文通してた、エレンが名前だ。
日本びいきの彼女は来日を控えていた。

一次大戦後、欧州ではちょっとした日本ブーム。
小説のオチが、日本製(人)だったからなのです、というのがあるほど
今と同じように驚愕の技術を持ってるらしいオリエント、
それが日本だったのです。

戦争直前でも好印象、戦時は同盟国、
特にジュー系独人には、貴重な同盟国で
且つナチに同調しない米国への玄関。
戦後は同じ仲間はずれ同士と、
当時の雰囲気・距離感は現在とは若干違いました。

226 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/01(火) 01:26:25.56 ID:4UDlzyDK
日本びいきのエレンは、
家族と一緒に来日すべく忙しい毎日を過ごしていましたが、
彼女は私の母という存在になることは決してありませんでした。

彼女の最後の手紙にはこう書かれていたのです。

「ノボル、私はあした日本へ向かう、家族と一緒に。
 愛する家族を愛するノボルに会わせたい。
 今はもう何も怖くない。
 決して多くの荷物を持っては行けないが、
 ノボルの手紙を胸に抱いて、明日壁を越える。」

当時、エレン・ファミリーは日本に来ることはでき無かったが
1989年には親父の枕元に、
今では同じ墓の下に来日していると信じたい。

************

231 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/01(火) 05:13:18.35 ID:hQQk65e8
日本びいきの話ではないが

自分は3年に一度くらいのペースで
友人たちとアメリカへドライブ旅行に行く
あるとき、帰国する日の最後の朝食が終わり
いつも持って行ってる醤油とステーキソースの小瓶(残り物)を
ウエイトレス経由でシェフに差し上げた
厨房でシェフたちが舐めているのが見えた
そしたらさっきのウエイトレスが、大きな真っ赤なケーキを
人数分持ってきて、「醤油はアメリカでも普通にありますが
 もう一つの方は初めてで参考になりました、
 シェフからのプレゼントです」
といっておいて行った
皆さんご承知の通り、メチャ甘で
しかもメシ済んでるから食えたもんじゃない
残して申し訳なかったと今でも思っている
アメリカへ行くとき、百円くらいの醤油とステーキソースを持って行くと
なんとかステーキ食べれますよ

*************

264 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/01(火) 20:21:46.43 ID:vlQtwz6U
チャットでロシア人と英語で話したときの話

ロシア=ピロシキとしか思い浮かばずに
ピロシキの話をだらだらとしていた
それで中身を「白菜、牛スジ、リンゴ、レーズン」がベストって言ったら
お前、酢豚の中にパイナップル入れる派だろ(意訳)てつっこまれた

レーズンパンとかサラダの中のリンゴとか他にもあるだろうに
『SUBUTA』www
その後、延々とピロシキ討論をしていたが
もう少し酢豚について聞いておけばよかった
昔、日本で食べたのかな?

**************

286 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/02(水) 02:48:10.10 ID:1N719Tef
コンビニバイトしてるんだけど、
明らかに観光客っぽい外人さんが店内でワイワイやってるのを見ると和む。
たけのこの里大量買いしていくのはなんかテンプレでもあるんだろうか。
あとレジ打ってる時に「カワイイ!」連呼されると
どう反応していいかわからない。

**************

294 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/02(水) 07:35:40.96 ID:4ztPE8XI
ベン・E.キング、代表曲『スタンド・バイ・ミー』を日本語で歌う

本人は「日本語の音が大好きなんです。
 日本にも何回も行き、素晴らしい国なので
 ぜひ日本語で歌ってみたいと思いました」と語っている。

「日本語で歌うことで日本の人々の心にも直接届くことが
 素晴らしいと思います。だから言葉を間違えないようにする、
 正しく歌うなど、やりがいがあると感じております。
 そして歌うことの大きな意味は言葉ではなく、心です。
 言葉の中の心を表現することが大事です。
 レコードを聴くとき、シンガーはその場にいない。
 だから心で届けなくてはいけないと思います。」

**************

318 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/02(水) 22:50:43.68 ID:kwG+9moz
ドイツ人留学生のムキムキくんが、
「絶望した!」って叫んでたからどうしたかと思ったら
留学生科の日本語の先生とのツーショットをお国の友達に送って
「日本じゃこんなロリが買えるの?
 タイのロリとかより格段にいいじゃん。マジ天国だな」
とメールが返ってきたらしい
「ぼく、絶望した!超絶望したよ!いろいろ!」
と叫びながらコンビニまで走って行って
ビールとじゃがりこを山盛り買い込んで戻ってきた

先生は小さくて童顔だけどアラサーだとか、
ぼくは三次元で買春なんてしないドレミちゃん一筋だとか
日本が誤解されてるとか、飲み食いしながらぶちぶち言ってた

なごみじゃなくてごめん

**************

356 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/03(木) 11:20:24.48 ID:rv5hVZ93
関係ないけど、テルマエロマエかいたヤマザキマリのブログが面白かった。
漫画の祭りが盛り上がっている様子がよかったよ。

**************

371 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/03(木) 20:32:53.88 ID:2GTc7U1t
海外ブログ 「ローマより愛をこめて」より

--------------------------------------------------------------------

今日読んだのは、こちら!(シュリーマン旅行記 清国・日本)
トロイヤやミケーネの古代遺跡を発掘した
ハインリッヒ・シュリーマンが,幕末(徳川家茂と和宮の時代です)
の日本を1ヶ月訪れた時の旅行記なんですが・・

実に興味深いです!
当時の日本が西洋人の目にどう写ったかが、
とっても素直な言葉で書かれています。
語学の天才だったシュリーマンは、この日記をフランス語で書いています。
(一つの言葉を習得するのに独学で6週間しかかからなかったんですよ~)

中国から江戸を目指して横浜に入ったシュリーマンは、
まず、港で人夫たちが荷物を運ぶお駄賃をふっかけてこないことに驚き、
税関の官吏が賄賂を絶対に受け取らないことに驚きます。
日本人は清廉潔白だと!

しかしながら、人夫のほとんどがその手足をかさぶたで覆われる
ひどい皮膚病を患っていて、
皮膚病にかかってない人夫を探すのに30分かかったとも書いてます。
そんなに皮膚病の人が多かったことにもびっくりですが、
この人たちは江戸時代の底辺の人たちだったのでしょうか?

そして、船頭さんや、馬丁、肉体労働に従事する人たちは、
誰もがふんどし1丁で、
全身(手足まで全部)をイレズミで装飾していたそうです。
これも私は全く知らないことでした。

当時の横浜の人口は4000人で、
町を歩くと民家の中が細部にまで見え、
公衆浴場も外から丸見えだったそうです。

372 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/03(木) 20:34:35.83 ID:2GTc7U1t
日本の家に家具が全くないことに心底驚き、
当時のヨーロッパは家具調度品を隣人と競い合うため莫大な出費となり
大変な結婚難の時代だったそうで、
ヨーロッパで不可欠に思われていた家具は
文明が作り出したものであってちっとも必要なものではなく、
正座と畳に慣れることさえ出来たら、
ヨーロッパの親たちも子どもの結婚準備金から解放されるのに
・・とありました。

「日本人が世界でいちばん清潔な国民であることは異論の余地がない。
 どんなに貧しい人でも、少なくとも日に一度は、
 町のいたるところにある公衆浴場に通っている」
「にもかかわらず日本には他のどこの国よりも皮膚病が多い」
このことに納得できなかったシュリーマンは
原因を探すために苦労したそうですが、
生魚を食べる習慣にあるのではないかと確信していました。
←そうじゃないと思いますが。
どうして皮膚病が多かったんでしょうね?

そして、公衆浴場が混浴だったことに非常に驚いています。
←私も知りませんでした~
4,50人の老若男女が一緒にお風呂に入っている姿は、
当時の西洋人には大変ショックなことだったようですが、
シュリーマン自身は、
「なんという清らかな素朴さだろう!」と好意的に見ています。
日本人は、浴場(開けっ放しだった)から珍しい西洋人を見つけると、
生まれたままの姿で飛び出してきて「唐人」「唐人」
と騒ぎながらシュリーマンを触りまくったそうです。

「日本人は性に関してヨーロッパ人的道徳観念を持ってないが、
 自国の習慣に従って生きている限り、
 淫らな意識が生まれようがないし、
 男女混浴が恥ずかしいことでもいけないことでもないのだ。」と、
シュリーマンは言っていますが、
他の西洋人にとっては「モラルのかけらもない」と写ったようです。

当時の江戸は外国人襲撃が相次ぎ、
ほとんどの外国人居住者は横浜に逃げていたそうで、
江戸に住む外国人は、善福寺にあったアメリカ領事館員の
ポートマン氏の一人だけで、
シュリーマンは親しくなったグラヴァー氏(あの有名な)を介して、
アメリカ領事部経由で横浜奉行所から江戸への旅行許可証を手に入れて、
護衛の役人(武士)も派遣されてきたそうです。

373 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/03(木) 20:37:04.90 ID:2GTc7U1t
江戸城や大名屋敷の立ち並ぶ江戸の景観は大変美しかったようです。
「江戸は森の真ん中にある広大な2つの街のようである」
と述べています。
そして、「日本一のお金持ちである加賀前田加賀守の広大な屋敷・・」
なんて書いてあるから、ちょっと笑っちゃいました。

お寺はもちろんのこと、商業地区や寺子屋、
はたまた、吉原(見学だけ)や芝居小屋にまで行ったようです。

「国産の絹織物を商う店が多いのには驚かされた。
 男女百人を超える店員が働き、どの店も大きさといい、
 品数の豊かさといい、パリのもっとも大きな店にもひけをとらない」

「教育はヨーロッパの文明国家以上に行き渡っている。
 シナも含めてアジアの他の国では女たちが
 完全な無知の中に放置されているのに対して、
 日本では、男も女もみな仮名と漢字で読み書きができる」

「花魁が神格化されるという事実を目の当たりにして、
 前代未聞の途方もない逆説のように思われた」
(浅草観音寺のお堂に「花魁」の肖像画が
 額縁に入って飾られていたそうで、ショックを受けたようです。)

「男女混浴どころか、淫らな場面を、あらゆる年齢層の女たちが
 楽しむような民衆の生活の中に、
 どうしてあのような純粋で敬虔な心持ちが存在し得るのか、
 私にはどうしてもわからない」
(芝居小屋で、淫らなシーンを多くの女性たちも
 楽しみながら見ていることに本当に驚いたそうです。)

家茂の京への上洛の様子も東海道で見学して
克明に記述されてあり、また、町田や八王子まで足を延ばし、
養蚕場を見学しています。
時折、大名行列に出くわすこともあったようです。
そして、驚いたことに日本の馬は、
幕末まで蹄鉄をつけずにワラジを履いていたんだそうです!

さらに、江戸湾は自然の砦がある上に、
浅瀬で干潮時には小舟さえ近づけないことから
外国船の侵入から守られていること。
参勤交代について。
また、当時の日本の政局についても彼なりに分析してあって、
なかなか興味深くて面白いです。

「・・・この国には平和、行き渡った満足感、豊かさ、完璧な秩序、
 そして世界のどの国にもましてよく耕された土地が見られる」

「彼ら(日本の役人)に対する最大の侮辱は、たとえ感謝の気持ちからでも、
 現金を送ることであり、また彼らのほうも、
 現金を受け取るくらいなら「切腹」を選ぶのである」

374 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/03(木) 20:42:36.04 ID:2GTc7U1t
(感想)
後半の日本の役人の部分は現代の日本人と少々異なる点があるけれど
気質的には今の日本人と江戸時代の日本人は同じなのだなあと。
「やはりご先祖様はご先祖様なんだなあ」と納得できる内容だったので
個人的にニヤニヤしてしまいました。

お わ り

************

391 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/04(金) 07:56:44.09 ID:A0UIWRk+
なんかアフガニスタンでこれまでに兵士6万人を武装解除して
その後の職業までサポートしてる日本人女性がいるらしい
そのアフガニスタンでの活動は日本のみが許可されていて
兵士も「戦後復興した国の日本人が言うなら」と話を聞いてくれるんだとか

ちょっとラジオが耳に入っただけだから各自で調べてくれ

************

457 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/05(土) 00:05:28.42 ID:1zDuhtlf
贔屓ではないが、イギリスに留学してた時の話。
カレッジで時間つぶすために日本の文庫本を読んでいた。
そこに英人がヒョコヒョコと
「Oh!それ日本語の小説でしょ?見せて!」とやって来た。
どーぞと手渡したら適当に中を開いて
「ヒラガナー、カタカナー、カンジーだよねー?
 難しいけどビューティフルだー」
とキャッキャしている。
「このコチャコチャした文字は何て読むの?」
と呼ぶので横から覗き込んだら
文庫本上下逆に見てるし!
指摘しようか数秒悩み、やっぱり指摘したら
「えっ!いや違うよこれはくぁwせdrftgyふじこlp」
と挙動不審になり耳も真っ赤に。
和んだ。

*************

474 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/05(土) 06:07:31.04 ID:SIsmn+6p
私が高1の時、家族で京都旅行に行った時の話。
夕食時になったんで京都で有名なラーメン屋に行こうってなり、
オトンオカンが前列、私と姉が後列で歩いて向かうことに。

だんだんオトンオカンと距離が開いてきた時に、
白人さん集団に声かけられた。
もちろん英語で喋りかけられたんだが
如何せんお馬鹿な私と姉。
流暢な英語で聞き取れないし意味分からない・・・
とりあえず道聞いてきてるっぽい雰囲気は読み取れたんで、
日本語で「ちょっと待っててください!」と言い、オトンを呼んだ。
遥か前方にいるオトンに向かい「おとーさあああん!!」
とりあえず急いで教えてあげなきゃって思って
周りのことなど構わず叫んでしまった。
そんで事情説明するとオトン(一応英語ペラペラ)がしばらく会話。
んで外人さん達とバイバイしてからラーメン屋着いたんで、
そこの名物とんこつラーメンを食べてたら
なんとさっきの外人さん達が入ってきた。
ちょっと離れたカウンターの席にいたんだけど、
始終ニコニコしながらこっち見て、手振ってくれてた。
このラーメン屋に来たかったのね・・・。
恥ずかしかったけどなんだか嬉しかった一コマでした。

************

480 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/05(土) 14:47:40.23 ID:+b7fl2p7
アメリカに出張で行った時の和み話を1つ。
ホテルのラウンジでしかネットが使えなかったので、
無料コーヒーを飲みながらネットをしていたら
近くのビリヤード台で外人が一人でビリヤードをしていた。
着ている服がなんちゃって柔道着の黒。
変な奴だなぁーと思って無視していたんだけど、
少ししてビリヤードのキューを振り回して、
「アイヤー」
と言い出した。
「?」
と思ってみていると満面の笑顔で
「ニンジャ!」
と言ってきた。
どうやら黒柔道着は忍装束のつもりで着ていたらしい。
で、俺の着ているワンピースTシャツ(ユニクロの)を指差して
「カッコいいねぇ~。俺もワンピース大好きだ」
と言ってきた。
きっとコイツ、日本人が好きなんだなぁー
と思って話をあわせていたら突然
「コーヒーってどうやって入れるの?教えて?」
と言ってきた。
どうやら今までの言動は
コーヒーの入れ方を教えてもらうためだったらしい。

***********

488 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/05(土) 15:31:21.19 ID:U1QJCbE0
私の住んでいる田舎には教会があって
アメリカ人の牧師の家族が住んでいる。
教会なんだけど積極的な布教をするでもなく。
幼稚園や英語教室をやりながらのんびりと
田舎暮らしをしているのだが。

その立地条件が、道を挟んでお向かいに神社があり、
西隣にお寺があったりするのである。
この3軒は非常に仲がよく子供同士クリスマスに呼ばれたり、
餅つきをやったり花祭りによばれたりして
宗教行事にも仲良く参加していました。
もちろんご近所さんも熱心に神社、教会、お寺の行事に参加して
のんびりと宗教しています。
17:00  |  なごなご  |  トラックバック(0)  |  コメント(54)
Powered By 画RSS

Comment

最後のいいな
日本だから出来る事だね
おさかなくわえた名無 |  2012.01.17(火) 23:32 | URL |  【編集】

連投すいません
よそのブログで恐縮ですが、こちらのお絵描きじいさんのブログでもシュリーマンの例の記述は疥癬だとおっしゃってますね
ttp://teda.iza.ne.jp/m/blog/entry/187296/

ご参考まで
おさかなくわえた名無 |  2012.01.13(金) 04:38 | URL |  【編集】

12/12 11:32 さん
港湾人足という荒事な職業の人限定なら梅毒とも考えられますが、シュリーマンが普通の女子供含む江戸庶民も合わせて皮膚病が多いと判断したなら
ダニによって引き起こされる疥癬の可能性も考えられると思います。
吉田松蔭も疥癬による皮膚病治療のため温泉にいってたようですし、
ノミ・ダニ・シラミが当たり前で今みたく薬が溢れてない時代、痒さから盛大に掻きむしって瘡蓋だらけだったのでは
おさかなくわえた名無 |  2012.01.13(金) 04:30 | URL |  【編集】

畳の上で死ねない職種の人が個体識別のため~ってのと
裸がデフォな職種の人が素肌の生々しさを緩和するためでもあった>入れ墨

火消しのチームがお揃いの入れ墨を入れる話とか好きだったな
おさかなくわえた名無 |  2011.12.15(木) 12:12 | URL |  【編集】

>なんて平和な 3HIT Combo!

不覚にもこのコメントに吹いたw
確かに
クリスマス(キリスト教)を祝って
大晦日には除夜の鐘突いて(仏教)煩悩はらって
元旦には初詣(神道)だもんねぇw

おさかなくわえた名無 |  2011.12.14(水) 23:48 | URL |  【編集】

寛容で柔軟っていいですね。
 竜RIN |  2011.12.14(水) 12:24 | URL |  【編集】

『SUBUTA』表記だから日本で食べたか何かだろうけど,酢豚って一応中華(広東)料理だよね。古老肉。
和むし日本びいきには違いないんだろうけど中華かよ(笑)ってちょっと思った。
因みに自分はパイナップルは入っててもなくてもどっちでもいいです。
ボビーバーガーは大好きです。
おさかなくわえた名無 |  2011.12.14(水) 09:39 | URL |  【編集】

早く寺の向かいにモスクを建立するんだ!
名無し |  2011.12.14(水) 09:21 | URL |  【編集】

>214

親父は真っ青、心の中では「おおごったーい…」

oh my god ! に似ちょるとね
おさかなくわえた名無 |  2011.12.14(水) 02:44 | URL |  【編集】

同じくシュリーマンの日記だったと思うけど
日本の役人は賄賂を受け取らないんだけど飲食費は奢らされまくったとか書いてたようなw
おさかなくわえた名無 |  2011.12.13(火) 20:18 | URL |  【編集】

>>2011.12.09(金) 19:23さん

>>名無しさん@ニュース2ちゃん | 2011.12.13(火) 05:37さん

ご指摘を受け、該当記事を削除しました。
どうもありがとうございます。
すぱろこ |  2011.12.13(火) 17:50 | URL |  【編集】

初カキコ。
小学校のALTをやってるアメリカ人の友達。給食が大好きで時々写メをくれます。ある時カレーやさんで、ふたりでカレーを食べていたら、なにやら探している様子。聞いたら「ニボシはどこにある?」と。
彼の学校では給食にカレーがでると必ずニボシが一緒についてくるらしい。ニボシとカレー不思議な組み合わせだけど、パツキンの背の高い外国人が小学生達と一緒にニボシを食べてる姿を想像したら、なごみました。
おさかなくわえた名無 |  2011.12.13(火) 13:24 | URL |  【編集】

ジャーマンぇ…(゜□゜;ノ)ノ
自分の従妹、三十路半ばなのに22,3歳くらいにしか見えないんだけど、彼等には幾つに見えるだろうねf^_^;
因みにルックス上の下f^_^;
従妹――――!!
逃げて―――!
と、お約束で言ってみる。
おさかなくわえた名無 |  2011.12.13(火) 07:52 | URL |  【編集】

東日本大震災が起きた時、
仏教と神道とキリスト教が合同でお祈りしたって
話も聞いたなぁ。
たしか鎌倉での話

日本のゆるい宗教観って結構好きだw
お互いに喧嘩してるよりよっぽどいいよ
おさかなくわえた名無 |  2011.12.13(火) 07:27 | URL |  【編集】

>>407
このB'zの稲葉のネタはファンクラブの会報誌の写真で稲葉の誕生日企画として設けたネタであって、このスレとはまったく関係ないので、管理人さん、消して置いてください。
名無しさん@ニュース2ちゃん |  2011.12.13(火) 05:37 | URL |  【編集】

そういえば、神社と寺と教会の仲良し息子たちのマンガがあったなぁ…w
きっと最後のはそういう感じなのだろうかと思うとものすごくなごなご(*´∀`*)

> 先月の七五三の時なんか着飾った幼女らの行列を神父さん(カソリックなんだよね)がニコニコ見送りながら十字切ってた。ええんかいと思ったけど、まあ子供の健やかな成長を祈ってたんだろうね。

これもすごくなごみましたww子どもの健やかな成長祈るのに、宗教なんか関係ないんですねーww
おさかなくわえた名無 |  2011.12.13(火) 03:09 | URL |  【編集】

自分の近所のようだw

>のんびり宗教

うちの場合は右隣に寺、右前に神社、そして歩いて5分程の場所に教会がある。
ああいうのって、結構外人さんには不思議みたいね。
テリトリーは無いのかみたいな感じで。
おさかなくわえた名無 |  2011.12.12(月) 22:52 | URL |  【編集】

シュリーマン旅行記に書かれている「皮膚病」とは梅毒のことです
梅毒の症状である水疱や瘡、麻疹なんかを見て皮膚病と勘違いしたのでしょう
おさかなくわえた名無 |  2011.12.12(月) 11:32 | URL |  【編集】

>>488って昔に長編(ってほどでもないけど)コピペで無かった?
ここに乗ってたかは定かじゃないけど、2年前くらいに読んだ記憶がある
おさかなくわえた名無 |  2011.12.12(月) 01:45 | URL |  【編集】

確か万葉集かなんかにも皮膚病が痒くて眠れなくて一晩中馬を走らせた、というような歌が遺っているそうな。
皮膚が弱いところに高温多湿の気候だから国民病みたいなものだったんだろうね。
おさかなくわえた名無 |  2011.12.11(日) 13:05 | URL |  【編集】

壁があった頃、日本の花火師が「空には壁がない、東の人も西の人も見て」みたいなこといった話を思い出した。
エレンも見たのだろうか?
おさかなくわえた名無 |  2011.12.10(土) 23:24 | URL |  【編集】

おばあさんのお葬式のお話。
神仏習合と神仏分離が何度かあったから仲良かったんじゃないかな?最後の分離は明治だしね。
おさかなくわえた名無 |  2011.12.10(土) 19:54 | URL |  【編集】

高温多湿なので皮膚病が多かったんだよね。だから日本人は風呂が好き。お風呂に1日でも入らないと死んじゃう!って言うのは本能的にこれがあるから。
畳の上で死ねないような職業の人は固体識別のために刺青を入れてました。当時はDNA検査がなかったので。昭和50年代までは墨の入った漁師のおじいさんが普通に居ました。職業によって図柄が違ったんだそうだ。
おさかなくわえた名無 |  2011.12.10(土) 19:28 | URL |  【編集】

疥癬は戦後の昭和30年代ごろまで蔓延していたと聞いたことがあるから、おそらくそうだろう。
あれは皮膚の下にダニがトンネルを掘って繁殖するから、猛烈に痒い上に一度感染するとなかなか退治できないんだよね。
現代でもたまに衛生状態の悪い病院や老人ホームなんかで蔓延することがある。え~、今どきそんなの?と思うだろうが、それが落とし穴。最近の若い医者は疥癬なんて見たこともないから、意外に診断できないんだってさ。
おさかなくわえた名無 |  2011.12.10(土) 19:06 | URL |  【編集】

最初の皮膚病の話だけど
昔の日本人は肉をあんま食わんから
抵抗力なくて罹りやすかったって聞いたな
人夫とか限定じゃなく上流でも関係なく
万遍なく多かったそうな

風呂好きなのにって言うか
皮膚病がポピュラーだったから風呂好きになった
おさかなくわえた名無 |  2011.12.10(土) 17:06 | URL |  【編集】

宗教がお互いになごなご共存してる姿はまさに世界平和の図だよな…
世界中がこうなればいいのに
名無し |  2011.12.10(土) 16:51 | URL |  【編集】

昨日「進撃の巨人」の6巻読んでたから、エレンと言われるとあっちしか思いつかんかった・・・

それはともかく、日本っていろんな宗教のお祭り全部楽しめてめっちゃ得してるよね
おさかなくわえた名無 |  2011.12.10(土) 13:08 | URL |  【編集】

>で、俺の着ているワンピースTシャツ(ユニクロの)を指差して


ああそっちのワンピースね。
びっくりした
おさかなくわえた名無 |  2011.12.10(土) 10:52 | URL |  【編集】

明治の神仏分離以前は神社はお寺さんが管理・祭祀してましたから、神社のそばに寺があるのは普通のことです
というかそもそも町中の神社なら、元は寺の鎮守あるいはお堂だったところが多いでしょう
今は宮司をしてる家も、江戸までは坊主だった家が結構ありますよ
おさかなくわえた名無 |  2011.12.10(土) 08:28 | URL |  【編集】

なんて平和な 3HIT Combo!
ニコ動からパクリ |  2011.12.10(土) 06:57 | URL |  【編集】

>後半の日本の役人の部分は現代の日本人と少々異なる点があるけれど
っていうけど、今でも日本の役人は世界平均よりずっと上だよ
その辺のおまわりさんに金渡して駐禁許してもらうとかないでしょ?
海外を旅してきた外国人が、日本でも他国と同じようにお巡りさんに金を渡そうとしたら
お巡りさんは「バカにしてるのか!」と激怒、そのまま贈賄?か何かでしょっぴかれた、なんて話もあるw


エレン…壁越えられなかったのか…
  |  2011.12.10(土) 05:52 | URL |  【編集】

続報: 親父から貰ったエレンのタブロイド版(?っていうのかな)写真3枚、どうも去年の引越しの際行方不明になっております。
オカンの写真は手元に無いくせにね、やっぱ見た目美しいほうが…w

まだ親父や一族がらみの話はあるので本スレででも
ノボルの息子 |  2011.12.10(土) 02:34 | URL |  【編集】

……私も最初は疥癬のことかと思ったんだが、もしかすると『水虫』なんじゃないかと思い直した。



おさかなくわえた名無 |  2011.12.10(土) 01:43 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.12.10(土) 00:54 |  |  【編集】

人夫の皮膚病が目についたとの体験談、人夫たちが日本人であるってのも原因でしょうな。
保健所や医療機関の話によれば、白人より日本人のほうが皮膚がデリケートで、すぐに荒れてしまうんだとの事です。
おさかなくわえた名無 |  2011.12.10(土) 00:39 | URL |  【編集】

昔世界不思議発見で、同じように日本に来ていた外国人の男性(名前は忘れた;)の似たような話があったな
日本のとある山を訪れたその人は、山を案内してくれた日本人夫婦が住んでる家に泊まらせてもらえることになった


そして泊まったその日、外国人が風呂(たぶん天然温泉だったはず)に入ろうと服を脱いで風呂場に行くと、なんとそこには先に入っていた日本人夫婦が湯船につかってくつろいでいた


うろたえる外国人を尻目に日本人夫婦(裸)は立ち上がると頭を下げ妻の紹介をし始めたらしい

外国人としては
ちょっ!そんなことより服着て!Σ(´Д` )
と思ったとかなんとか
かなり記憶が曖昧なんで信じないでね


あと江戸の風俗画とか見てると町中では風呂も家の中にあるっぽかったけど、田舎とかは外に風呂釜置いて入るのが普通だったらしい
雨の中母子が傘差して湯につかって、旦那が火を吹いている絵を見たときは、どんだけ風呂好きなんだよ!?って思ったわ
おさかなくわえた名無 |  2011.12.10(土) 00:18 | URL |  【編集】

西洋、東南アジアも含めて日本の文字が書いてある本が逆さまになる理由を考えてみた。
一つには右開きと左開きが有るのではないか。日本の本は普通右開き。タイやアメリカは左開き。
日本でも西洋色の強いもの:薬の手帳などは左開き。
おさかなくわえた名無 |  2011.12.10(土) 00:08 | URL |  【編集】

小学生の頃に祖母の葬儀があった。
家が神道なので当然神社でやるものだが、祖父が地元の名士で参列者がかなり来ること予想できた神主さん。
「ウチでやるのは多分無理」と言って、神社の隣にある地元で一番大きなお寺へ場所借りに行ったw
二千人くらい来たらしいので、神主さんの予想判断は正しかったんだが、お寺の人達も手伝ってくれた。
同級生や幼馴染には、葬儀の規模も凄かったが神主さん達が正装でお寺内ウロウロしているのが当時とても不思議だった…と数年後に言われた。

困った時はお互い様というか、宗教でも日本の場合、融通さがあるよねw
おさかなくわえた名無 |  2011.12.10(土) 00:07 | URL |  【編集】

391さんの話はこの方ではないですかね?
違っていたらすみませんなんですが。

ttp://ameblo.jp/seyarumi/entry-11019408064.html

この「職業は武装解除」という本、先日本屋さんで横並びになってるのを見かけたんですか…
おさかなくわえた名無 |  2011.12.09(金) 23:58 | URL |  【編集】

シュリーマンの伝記は自分も読んだ
日本食はいまいちみたいな感じだったけど
ご飯は何処よりもウマーといってた
中華は見た目ばっちいけどウマーといってた

異人排斥のためについた護衛がくそ真面目
※当然賄賂不可
で歩き回れなかったとか

後水練による健康法にえらくこだわっていたけど
死因が中耳炎って聞いてちょっと切なくなった
おさかなくわえた名無 |  2011.12.09(金) 23:39 | URL |  【編集】

かつての日本の混浴だとかは本当に驚かれてたらしいな
メリケンの高官は規制しろよとも言ってたらしいが
名無しさん |  2011.12.09(金) 22:23 | URL |  【編集】

夏なら海鮮かね
冬もだったら豆アレルギーかもね
名無しさん@ニュース2ちゃん |  2011.12.09(金) 22:22 | URL |  【編集】

ドイツのロリ買春はシャレにならんからな
タイへの直行便はそのためだとかなんとか・・・・
名無しさん@ニュース2ちゃん |  2011.12.09(金) 22:08 | URL |  【編集】

人夫って事からも皮膚病はライ(ハンセン)病の事だろうね。
当時はいわゆる士農工商穢多非人の時代。
人夫は士農工商に属さない最下層の職業の一つ。
どの国よりも多いと言うより、人夫とかだから
身近にいて目立ったからだろうな。
おさかなくわえた名無 |  2011.12.09(金) 21:52 | URL |  【編集】

皮膚病というより、素手素足でやるから擦過傷が多かっただけなのでは?
おさかなくわえた名無 |  2011.12.09(金) 20:58 | URL |  【編集】

ベルリンの壁…
エレェェェェェェェェェェェェェンッッッッッッッッ………・゜・(つД`)・゜・
名無しさん@ニュース2ちゃん |  2011.12.09(金) 20:30 | URL |  【編集】

 アフガンの人らって、ちょっとこっちがビックリするぐらい日本のこと詳しいよね。日露戦争くらいならわからんでもないが(ソ連に侵略されてたからロシア人大嫌いなんだそうだ)、第二次大戦後の復興まで知ってるってどこで情報仕入れるんだろう…(3月の地震の時も速攻寄付してくれたよね)

>>その立地条件が、道を挟んでお向かいに神社があり、西隣にお寺があったりするのである。

 あるあるwwww
 ウチの町内もそんな感じよ。地元民は神社の氏子だけどクリスマスの手伝いにも行きます、みたいな。
 先月の七五三の時なんか着飾った幼女らの行列を神父さん(カソリックなんだよね)がニコニコ見送りながら十字切ってた。ええんかいと思ったけど、まあ子供の健やかな成長を祈ってたんだろうね。
おさかなくわえた名無 |  2011.12.09(金) 20:22 | URL |  【編集】

すいません、B'zファンから一言。
稲葉さんが海外の雑誌の表紙〜というやつは、全くの勘違いです。
あれはB'zParty(B'zのファンクラブ)が稲葉さんのバースデー企画として、様々な雑誌の表紙っぽいシチュエーションで撮影したものです。
会報の袋とじなんですよ(^_^;
おさかなくわえた名無 |  2011.12.09(金) 19:23 | URL |  【編集】

皮膚病というのは疥癬(かいせん)だと思う、不衛生な所に沸くダニに刺されてなる病気。
江戸時代の大半の皮膚病は疥癬との事、
栄養状態・衛生環境の悪化が集団感染の原因で大正や昭和に入っても感染病で有名との事。
症状は痒い程度で水虫と疥癬は今でもある病気で今でも日本人に一番多い皮膚病の一つの様です。
おさかなくわえた名無 |  2011.12.09(金) 19:17 | URL |  【編集】

ひょっとしたらラストの話ってライブしてた話があったところなのかな…?
おさかなくわえた名無 |  2011.12.09(金) 19:02 | URL |  【編集】

最後のエピソードが印象的だ
日本でしかありえない秩序だろうな
  |  2011.12.09(金) 18:42 | URL |  【編集】

幕末ニッポンの皮膚病か…畳を替える機会が少なくて
ダニか何かにやられ放題だったのか、あるいは
かぶれやすい草か何かが多かったのか…

はても判らないけれども、私はアレルギー性皮膚炎です(苦笑


そしてゆったりとした付き合いのある教会と寺と神社、
これぞ日本だという感じですね。
おさかなくわえた名無 |  2011.12.09(金) 18:27 | URL |  【編集】

毎回なごみながら読んでます。
おさかなくわえた名無 |  2011.12.09(金) 18:06 | URL |  【編集】

いつも更新ありがとうございます♪

最後の
>のんびりと宗教しています。

ひじょーに和みました(*´∇`*)
あぁ日本って感じで(笑)
おさかなくわえた名無 |  2011.12.09(金) 17:26 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nihonnagonago.blog115.fc2.com/tb.php/641-014b82d2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |