2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.02.26 (Sat)

写真でつながるふたり(蘭とじいさんシリーズその6・part166スレ)

736 :おさかなくわえた名無しさん :2011/01/29(土) 19:42:34 ID:mJyYzRnm
英国人と蘭とじいさまの話を投稿している者です。

彼は12月に、自分とじいさまのために一段と高性能なデジカメを購入した。
じいさまは90過ぎなので混雑した所には行かない。
「僕が代わりにいろいろ撮ってプロフェッサーにみせてあげるんだ」そうだ。

まず一般参賀で陛下と皇族方を撮影。
感想は
「天皇陛下のお声は音楽的で荘厳」
「美智子様を直接拝見できた」
「美智子様もお言葉を下さればいいのに」
「ガイジンばっかで日本の人が入れないじゃないか(→お前もガイジンだ)」
「みんな嬉しそうに旗振って万歳叫んでた。国民と相思相愛の皇室がうらやましい」 
(動画にはこいつが日章旗と一緒に英国旗を振ってたのが映り込んでた)
陛下の動画はじいさまの奥さんにとても喜ばれたと言っていた。

次に、2月の東京ドーム蘭展。
いろんな国から珍しい蘭が展示されるが、
その他に一般審査として国内の人々が作っている蘭の出来のいいのがたくさん展示される。
蘭つくりで有名な人の作品も出るので、俺も毎年見ている。
見ごたえのある展示なのだが、
じいさまがドームに行けないので、彼が撮影するんだそうな。
「いいカメラで撮っておけば、あとで見ても楽しいからね」
「プロフェッサーも何度も見られるしね」
もう前売り券買ったそうだ。
しかし展示作品は何百もあるぞ。大丈夫か。

フットワークの軽い彼がいろいろ撮影して来れば、じいさまも楽しいだろう。
しかし、最初は冷たい印象があったこいつがここまで人に懐いて、
あれこれと喜ぶことを考えるようになるとは。
じいさまは人を育てるのがうまいのか。
戦前のエリートはこうだったのか。
17:01  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(26)
Powered By 画RSS

Comment

爺さん長生きしてくれ
英国人のためにも、俺らのためにも。
おさかなくわえた名無 |  2015.07.02(木) 16:53 | URL |  【編集】

彼らはまだ続いているのかな?
こんなたいへんなことが起こったけど
絆は続いて欲しいですね
おさかなくわえた名無 |  2011.06.01(水) 11:28 | URL |  【編集】

このシリーズ一番好きです!
人って変わるもんなんだなあ
名無しの生存者 |  2011.03.04(金) 13:56 | URL |  【編集】

90歳過ぎの方だったのですね
うちの75歳の婆がよく言っています、「長く営業生活をしてきてわかったが、本当の日本の豊かさを知っている人は実は大正時代を経験された方なんだ」と。
婆の友人も90歳すぎて、よく歩き踊り歌い話しお洒落現役だそうで。
自分も大正時代の人に負けないように頑張りたいです。
 蘭シリーズ好き |  2011.03.02(水) 13:24 | URL |  【編集】

いつもまとめありがとうございます。
蘭英人さんとプロフェッサーいるかなとwktkして、蘭展に行ってしまった者ですw
お二人は拝見できませんでしたがw御蔭さまで目の保養が出来ました。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.28(月) 14:36 | URL |  【編集】

そういえばつい最近一般参賀のニュースで、小さな日章旗とどっかの国旗振ってる外人がいたのを見た記憶が…。
…まさか。
774 |  2011.02.28(月) 12:29 | URL |  【編集】

蘭展行って来たよ。平日でもすごく混んでた。

目立つせいもあるが金髪の外人さんもよく見掛けたよ。


蘭の大輸出国である台湾の人がお客も展示者サイドも多かった様子。

少し前のキルト展でも同じような感じだったけど、こっちは本家?が欧州のせいか白人のが多かったな。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.28(月) 11:57 | URL |  【編集】

環境や外見は違えど心根は昔の日本人でありたい
おさかなくわえた名無 |  2011.02.28(月) 02:21 | URL |  【編集】

もう、このシリーズ大好きだ。なごなご。
いつも掲示板にアップしてくれてる彼にも感謝。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.27(日) 19:13 | URL |  【編集】

蘭シリーズすごく和む~

じいさま旧帝大の教授だったっていってたからかなりのご高齢だとは思っていたけど、矍鑠とした方ですね。いつまでも元気でいて欲しい。
英人と触れることでじいさまもパワーを貰ってるのかもしれない。素敵なコンビ。
蘭展の続報も楽しみにしてます。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.27(日) 16:20 | URL |  【編集】

 

なごなご~(*´д`)

漫画で見てみたいくらいこのシリーズ好きだわ~(ほのぼの系?)
名無し |  2011.02.27(日) 15:42 | URL |  【編集】

っていうか、この英人が凄くいい人なんだよ。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.27(日) 12:00 | URL |  【編集】

70年近く前になった戦争で英語を使ってたってことは成人だし70+20で90だね
しかし20歳でキリッとした英語を使うなんてエリートなのかね
おさかなくわえた名無 |  2011.02.27(日) 10:46 | URL |  【編集】

(一般参賀は)ガイジンばっかで>>
 何年か前からパツキン頭やらが目立つなぁ~と思ってましたが、今はそんな状態かwwww
 日本で暮らしてれば定期的にTVでお顔拝見できるし、何年かに一度は近隣に来てくださるから、かえって日本人だと腰が動かないのかもしれないですね。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.27(日) 10:17 | URL |  【編集】

母が行きたがっていて、
自分は興味が無かったんだけど、この話を思い出して連れて行きました。
来年も行きたいくらい凄かったです。
展示の仕方が色々凝っていて、
興味の無い自分でも楽しめました。
なぜかベンツ(Cクラス)が展示されてましたw
蘭の格?を考えれば、そこはSクラスだろ!と。
あるいは、CLSやSLクラスとか・・・
おさかなくわえた名無 |  2011.02.27(日) 10:10 | URL |  【編集】

この前テレビで世界の蘭展が行われると聞いて、真っ先にここの二人を思い出した。

生涯の師に巡り合えたなんて羨ましいかぎりだ。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.27(日) 07:33 | URL |  【編集】

>しかし、最初は冷たい印象があったこいつがここまで人に懐いて、
>あれこれと喜ぶことを考えるようになるとは。

尊敬できる人に出会うと、みんなこうなるよね。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.27(日) 01:55 | URL |  【編集】

このシリーズはおもしろくて楽しみにしています。
ま、一言 |  2011.02.27(日) 01:52 | URL |  【編集】

じいさまって90過ぎだったのかー
  |  2011.02.27(日) 00:08 | URL |  【編集】

管理人さんいつもありがとうございます。

最近このシリーズがupされてる時は2本同時更新なんですね。最初は気付かずに1つめだけ見て帰りましたw

このまとめが長く続いてくれることを願っています。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.26(土) 22:46 | URL |  【編集】

1月に東京行ったとき蘭展の広告が駅に貼ってあって、この二人は絶対見に行くんだろーなと思ってたw
じいさまはさすがに無理か。英国人が撮影したのを観て、一緒に盛り上がるんだろうな。
ほんとにいいコンビだ。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.26(土) 21:53 | URL |  【編集】

子は親を見て育つ、だな正にw
生涯の師を得たんだろうな、こういう出会いは人を変えるからな…羨ましい限りだ。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.26(土) 19:55 | URL |  【編集】

プロフェッショナルじいさま、精々70くらいかと漠然と思ってたけど
90過ぎてらっしゃったのかw
おさかなくわえた名無 |  2011.02.26(土) 19:26 | URL |  【編集】

今の日本人は戦前の日本人とは違う人種。
そう言われないように自分も頑張りたい。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.26(土) 18:47 | URL |  【編集】

>

管理人さん、いつも和みをありがとうございます。

>おじいさんが良い御方なのも、もちろんですが、とても波長が合う、というか相性の良い御二人なんでしょうね。人縁は国を選ばず、とは素敵な事だと思います^^
名無し |  2011.02.26(土) 17:50 | URL |  【編集】

まとめ乙です。
新聞で世界蘭展の広告見た時にすぐにこの英国の人と紳士爺様思い出したw
    |  2011.02.26(土) 17:07 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nihonnagonago.blog115.fc2.com/tb.php/593-8d1cb181

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。