2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.02.22 (Tue)

鍵盤が奏でたものは音楽とそして(part166スレ)

172 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2011/01/17(月) 12:24:20 (p)ID:63oZRhO/(3)
ピアニスト中村紘子のエッセイを読んでいたら、
イタリアの生んだ名ピアニスト、リストの再来と呼ばれた
ベネデッティ・ミケランジェリの面白いエピソードがあった。彼は1965年初来日。

「しかしこの初来日以来、何があったか知らないが、
 ミケランジェリは絶大なる日本びいきになんてしまった。
 その結果として、日本人の若い女性の弟子が、突然増えた。
 なにしろそんな中の一人で私の幼馴染だった某女流ピアニストが断言したのだから、
 間違いない。
 「彼はね、日本人とわかると生徒にしてくれちゃうのよ」
 (略)
 さてミケランジェリの日本人及び日本びいきは、日本からの弟子を取るにとどまらず、
 日本のピアノと調律師をひいきすることにも及んだ。
 恐らくミケランジェリは、日本のヤマハピアノとその技術を
 世界の桧舞台に本格的に紹介した、初めての第一線の演奏家ではなかったろうか。
 私の尊敬する友人でポルトガルのピアニスト、ホセ・ド・セケイラ=コスタは
 あるとき思いがけないプレゼントを受け取った。
 ある朝、自宅のドアを開けてみたら見知らぬ日本人が立っている。
 「私は日本のヤマハピアノの技術者ですが、ミケランジェリ先生のご依頼により、
  あなたのピアノを調律にミラノからやってまいりました」
 ミケランジェリはお気に入りの調律師、村上輝久氏の技術を、
 セケイラ=コスタにプレゼントしたのである。
 この村上さんとミケランジェリとの出会いも、65年の来日がきっかけであった。
 そして村上さんは、その翌年の66年、
 ほんの一ヶ月の滞在のつもりでミラノにやってきて、
 結果的には4年もいることになってしまった。
 ミケランジェリに引き止められてしまったからだ」

173 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2011/01/17(月) 12:25:28 (p)ID:63oZRhO/(3)
日本の音響状況(本の上梓は'97年)についての部分もちょっと面白かった。

「アメリカとの比較で言えばカリフォルニア一州分にも満たない小さな国の津々浦々に
 千を越すホールがあって、
 今やその大部分が世界一級の美しい響きとピアノを備えているのだ。
 こんな国は、世界広しと言えども日本以外にはない。
 なにしろいまや、ホールの響きも最高、ピアノとその調律師も最高
 (近年欧米ピアノ調律氏のレベルはとても低下していて、
 来日するピアニストはみな、日本の技術者を連れて帰りたいと心からうらやましがる)
 海外にでたときみじめで悲しくなってしまう。
 美しい響きのホールとコンサートピアノに恵まれた日本は、
 ピアニストにとっては本当に天国になってしまった」

177 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2011/01/17(月) 12:58:56 (p)ID:63oZRhO/(3)
もひとつ。「18世紀のモーツァルト、19世紀のショパン、20世紀のリヒテル」
と呼ばれるほどの呼ばれるほどのピアニストリヒテルも、日本びいき。
プロジェクトXのヤマハの回で取り上げられたから知ってる人も多いと思う。
彼が好んで使っているというので、ヤマハの知名度は飛躍的に高まった。

1979年、3度目の来日の際に、
「私のピアノを作ってくれているヤマハの人たちへのお礼に、
 工場で演奏をプレゼントしたい」と言った。
びっくりしたヤマハ(浜松)の人々は大いそぎで工場内のピアノ試聴室に、ピアノを整えた。
観客は作業服姿のピアノ技術者ばかり。
「私はこれほど緊張して演奏した記憶がありません。
 何故なら、ここにいるのは本当にピアノを愛している人たちばかりだからです」
コンサートは2時間も続き、職人達は自分たちのピアノに命が吹き込まれたと涙を流した。

そのリヒテル夫妻に家族のように可愛がられた通訳者さんの本では、
リヒテルの日本好きが一章をさいて書かれてた。
筆者は、「マエストロが最も愛した国はイタリアと日本であろう」と書いている。
「日本は古来の伝統と21世紀的文明が見事に調和している。
 そして日本人の誠実さ、正直さ、清潔さは卓越したものである」そう。
彼は日本の津々浦々を巡ったそう。
「お稲荷さん」(神社のね)を気に入り、
イシカワさんを知ってるかと尋ねられた筆者が知らないと答えると、
「日本人のくせにイシカワさんを知らないのか。煮られてスープになったイシカワさんだ」
と怒ったり、中世からあるお祭りが今なお残っているのに感心してたり、
フランス公演前の段取りの悪さには「ここは日本じゃない!」と嘆いたり…。
もっと具体的にいいエピソードがあったんだけど、
本棚から発掘してからまた紹介しに来ます。

180 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2011/01/17(月) 13:29:30 (p)ID:Msk8J4uG(3)
ゴ エ モ ン かwww >イシカワさん

193 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2011/01/17(月) 22:32:43 (p)ID:Ir9h14kB(2)
リヒテル発掘してきました。「リヒテルと私」河島みどり著。

「初来日のときレストランで食事をすませたマエストロが
 テーブルにチップのつもりでお金を置いたら、 ウエーターが走ってきて
 「お忘れ物です」とお金を渡したこと。
 あるお寿司屋では店を出て100Mも歩いたとき、女将が追いかけてきて
 「すみません、開店十周年のお土産を渡すのを忘れていました」と
 すし屋の湯飲みをみなに手渡してくれたこと、これらはリヒテル夫妻にとって
 驚天動地の大事件だったらしい」

茶の湯や雛祭り七夕どんど焼きなど中世の伝統が生きてること、
日本では公演に支障をきたすようなときでも、
莫大な損失の可能性もあるのに彼の意向を利益度外視で優先させてくれること、
彼専用のピアノは外気にさらされないよう冷暖房付の特別運搬車で
彼の公演スケジュールにそって時刻表のように綿密に日本をまわること。

「あるときリヒテルは親友のクリスチャンを日本に招いた。
 彼は日本旅館のセンスのいいインテリアと細やかな心配りや、
 日本料理の美の感覚と繊細な味に驚嘆し、ヤマハの組織力、機動力に脱帽した。
 『みどり、私にはわかったよ、なぜスラーヴァがこんなに日本が好きなのか。
 完璧な条件でスラーヴァを包み込んでいるものね。すばらしい国だね』」

気難しく人見知りで凄く繊細でやさしくて。
リヒテルの人間的魅力がたっぷりつまった本です。
記憶力も抜群で日本史にも強くなり、源、織田、豊臣や、ほととぎすのエピも知っているそう。

また、海浜荘という旅館で厳選された会席料理が出されて、
 ダイエットしなくてはならないマエストロが
 料理の数を減らしてと女将に頼んだときのこと。

「板前さんの答えがふるっていた。
 『会席料理には流れがあって協奏曲のように序曲、第一楽章、第二、第三楽章、
 そして終楽章となります。
 どれかひとつでも抜かすと構成が崩れます』
リヒテルは日本料理は本当に芸術だと感激し納得した。
遅れて来日したニーナ夫人もその話を聞いて感心した。
『すごいわね、日本のコックさんの教養の深さ、びっくりするわ。
 ロシアのコックなんて、いかにして上前をはねるかしか念頭にないのに』

194 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2011/01/17(月) 22:33:32 (p)ID:Ir9h14kB(2)
最後になりますが、あのイシカワさんのエピソード。
私のうろ覚えよりもっと素敵な話でした。
リヒテル曰く、

「なんということだ、自分の国の歴史的に有名な人を忘れるなんて。
 京都のお寺の門で絶景かなと言って
 死に際して哲学的な詩を詠んでコンソメスープになった、卓絶した泥棒のイシカワさんだ」
17:00  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(54)
Powered By 画RSS

Comment

日本人のくせにとは酷いなぁw
コンソメスープとは不謹慎なw
名無し |  2013.06.23(日) 19:39 | URL |  【編集】

バイオリンのスズキメソッドも海外で有名。アメリカ人の友達が、スズキメソッドでバイオリン習ったと言ってた。
おさかなくわえた名無 |  2011.03.03(木) 11:50 | URL |  【編集】

ゴエモンは油がじゅうぶん高温になるのを待って、それまで頭上に差上げていた我が子を一気に油に沈めた、って話なんだけどね。誰も史実だとは思ってないだろうけど。

だもんで逆に、油がまだじゅうぶん煮えてないのに、最初の粋がりはどこへやら、子をさっさと沈めて踏み台にして熱さを僅かなりとも逃れようとあがいた、という茶化し話も脇に生じた模様。

リヒテルはピアニストとしては優秀だったけれども気色悪い言動の多い人でした。ホロビッツの弱さ脆さのほうがむしろ了解可能なものに感ぜられます。
おさかなくわえた名無 |  2011.03.03(木) 11:30 | URL |  【編集】

管理人さん、いつもまとめありがとうございますv

まとめ本文読んで、コメ欄読んで。
ああ、そうそう
オイラが子供の頃は外人さん方が感銘を受ける人々や件の板前さんのような方々を
「粋だねぇv」
と言って尊敬してたもんだねぇ、と。
子供の頃にはそんな粋な大人、結構いましたもん。

オイラ自身はまだまだ「不粋」な人間ですが、そんな人物になるように頑張りたいな…とあらためて思いましたわ。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.26(土) 23:29 | URL |  【編集】

素敵なエピソードに和みまくりですが、イシカワさんに吹いたわw
音楽や技術、諸々のレベルを当たり前と思ってはいけないですね…中にしかいないから解んないけど;
おさかなくわえた名無 |  2011.02.26(土) 09:21 | URL |  【編集】

>日本の楽器の質って良いらしいね
>値段に対しての質がヤバいらしい

YAMAHAの創業者の山葉寅楠さんの話にも似たようなエピソードがあったな

天秤棒で荷物を担いで270km・・・山葉寅楠
ttp://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-704.html

なんでも、アメリカ製のオルガンが(当時の値段で)45円した時代に
山葉さんは「自分なら3円で作れるだろう」と思い立ちオルガン作りを始めたそうだ。
高価なものを一般人にも気軽に手に入るような形や値段に作り変えることは
楽器に限らず日本人の得意分野だと思うけど
山葉さんや先人の心が現在の楽器メーカーの職人さんたちにも受け継がれているというのも
とても和むし喜ばしいことだと思うな。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.25(金) 15:21 | URL |  【編集】

五右衛門さんは一緒に刑に処された息子をギリギリまで持ち上げてたという説とか、
しのびなく思って先に殺したという説とか、
そんな暇はなかったらしいとか、色々言われてますな。

昔の刑は残酷だなぁ…
おさかなくわえた名無 |  2011.02.25(金) 00:34 | URL |  【編集】

すごい感動した
日本もヨーロッパもこの人情味を失わずにいってほしいな
優しさ・思いやり・心配り、明日から常に自分の信条にしよう
麻呂 |  2011.02.24(木) 23:45 | URL |  【編集】

今回はクラシックですな。リヒテルといえば天才肌のピアニスト。80年代あたりまではクラシック界には一癖も二癖もある個性的な演奏家や指揮者が多かったですね。演奏解釈だけでなく人間的な面でもw 近年は良くも悪くもそんな超個性的な(あるいは俺様的な主観で解釈する)人は減りましたが。

おさかなくわえた名無 |  2011.02.24(木) 22:28 | URL |  【編集】

調べてみたら二人共似通ってる所もあれば些細な所が全く違うタイプの人間で面白いw
名無しさん |  2011.02.24(木) 19:18 | URL |  【編集】

GOEMON the fried phantom thief ?釜揚げってむごいなぁ…
おさかなくわえた名無 |  2011.02.24(木) 17:39 | URL |  【編集】

イシカワさんw コンソメスープww

自分は高校生ん時ブラバン入っててクラリネット・サックスやってたけど、日本製の楽器は一度も吹いた事がないんだよな…
クラリネットはクランポン、サックスはセルマーだった (どちらも仏メーカー)
金管はヤマハ多かったんだけどな… 吹いてみたかったな、ヤマハ・ヤナギサワ…
おさかなくわえた名無 |  2011.02.24(木) 14:23 | URL |  【編集】

確かにあの門は絶景だった
おさかなくわえた名無 |  2011.02.24(木) 07:40 | URL |  【編集】

最後の板前さんがとても粋だと思った。
クラシック音楽家の端くれとしては「協奏曲」と「序曲」が余計だと感じたが、会席料理を楽章制に例えたのは上手いと思った。
日本の職人さんは保守的と思われやすいけど、話してみるとどうにかしてこちらの分野を理解しようとしてくれるし、共感しようとしてくれるし、それを以て彼らの文化を丁寧に説明しようとする優しさがある。
逆に、最先端の文化人と呼ばれる人々の方が頑固で、頭ごなしに若い音楽家を馬鹿にしたり、無意味に偉そうな態度を取る人が多い。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.24(木) 01:34 | URL |  【編集】

>日本の一般人が受ける音楽教育ってレベルが高かった
楽譜を見てすぐに曲をイメージできる人は少ないだろうけど、記号の意味は大抵の人が覚えてますよね。
あと日本以外ではプールがある学校も少ないらしいwww
そう考えていくと日本の義務養育って凄過ぎる。
受験に関係ない教科でも容赦しないからねw
おさかなくわえた名無 |  2011.02.24(木) 00:56 | URL |  【編集】

「石川や 浜の真砂はつきるとも 世に盗人の種はつきまじ」でしたっけ。

釜の中身は油だから、スープっていうよりフライ…。
安土桃山時代の処刑って怖いわ。
おさかなくわえた名無し |  2011.02.23(水) 23:06 | URL |  【編集】

コンソメスープのインパクト強すぎwww
野菜やハーブは入れて無いよ
おさかなくわえた名無 |  2011.02.23(水) 21:39 | URL |  【編集】

>日本の一般人が受ける音楽教育ってレベルが高かったんだね。

つーか、義務教育での音楽教育それ自体が海外ではあまり無いんじゃなかったっけ。ようするに普通の学校では「音楽」の授業が無いとか聞いた覚えが。
  |  2011.02.23(水) 21:10 | URL |  【編集】

スープw
おさかなくわえた名無 |  2011.02.23(水) 15:32 | URL |  【編集】

スラーヴァしい国だね…いやなんか脳内で…

こんそめ…英訳(?)が「煎られた」なのか「煮られた」なのかで違いそうだ
おさかなくわえた名無 |  2011.02.23(水) 13:02 | URL |  【編集】

日本の楽器の質って良いらしいね
値段に対しての質がヤバいらしい
あとホール会場の設備も良い


でも日本の気候は音楽に対して厳しい
温度湿度の変化差で楽器の傷みが早いのと音の鳴りが悪い
だから良い演奏者に成るにはヨーロッパの冷えた気候で練習した方が良い


それでも日本を好きで演奏してくれるのは嬉しいかぎりだね
おさかなくわえた名無 |  2011.02.23(水) 11:49 | URL |  【編集】

ピアニストのリヒテルさんも、ミケランジェリさんも、
イタリアを代表する芸術家である以上に、やっぱ凄いインテリだなんだなぁって思ったよ。
感受性の鋭さだけでなく、異文化を理解する「柔らかさ」みたいなものに驚かずにはいられない。

素晴らしい芸術家ってのは、素晴らしい理解者たりえるんだろうな。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.23(水) 09:39 | URL |  【編集】

プロジェクトX 挑戦者たち 新たなる伝説、世界へ リヒテルが愛した執念のピアノ

電子書籍で手に入りますよ。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.23(水) 09:36 | URL |  【編集】

いい記事でした。心が和むとはまさにこのこと
ありがとう。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.23(水) 04:14 | URL |  【編集】

コンソメスープwwwww
マエストロも交流された日本人も素敵ですね
おさかなくわえた名無 |  2011.02.23(水) 04:13 | URL |  【編集】

日本の楽器メーカーはマジですごい。
ピアノのYAMAHAとKAWAIは一般的にも知られてるけど、その他、それ以上の分野も多々あります。

フルート界で、ムラマツは世界一です。
サックスの三大ブランドは仏Selmar、日Yanagisawa(プリマ楽器)、日YAMAHA。
ドラム界最大のメーカーは日Pearl。日TAMAと日YAMAHAも、米Gretsch、米Ludwig、米DW、独Sonorより規模が大きくシェアも巨大。
電子楽器においては、日本なしでは考えられません。Roland、KORG、YAMAHA。過去にはCASIOやKAWAIも。
一度潰れたAKAIなど、そのサンプラーが音楽のジャンルを作っちゃったくらいで、未だにストリートではカリスマブランドです。

バイオリン系やクラシックギターではさすがに弱いものの、ほとんどの楽器界で日本メーカーの名前はあります。
日本人が知らない日本、それは楽器大国の日本。

ちなみにピアノ、YAMAHAより内省的でエロいKAWAIの方が好きです。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.23(水) 04:07 | URL |  【編集】

コンソメスープって動物性の出汁か何かだった気がするから、煮られた≒出汁が出た、みたいな流れかな?と思ってみた。
(油だけど)
もしくは、やや茶色っぽい液体からの連想?

名前の方で認知されてるもんね五右衛門。子どもも一緒に茹でられたってのが本当なら可愛そうだよね、子どもに罪はない。

話それてごめんなさい。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.23(水) 02:52 | URL |  【編集】

どこかの翻訳サイトで、日本がアメリカのような守銭奴になっちゃだめだろ?という、イギリス人のコメントを見たことがあるわ。ピアニストのピアノ差し押さえは洒落にならないよなあ。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.23(水) 02:41 | URL |  【編集】

うん、コンソメスープで書きこに来ましたw
おさかなくわえた名無 |  2011.02.23(水) 02:14 | URL |  【編集】

ゴエモンがスープ・・・お腹イタヒぃいい。

イシカワでは流石にピンとこないよな・・・。
ku |  2011.02.23(水) 01:57 | URL |  【編集】

「また詰まらぬモノを煮てしまった…」
おさかなくわえた名無 |  2011.02.23(水) 01:06 | URL |  【編集】

ピアノを大事にする方のピアノを差し押さえたら、そりゃ嫌われるだろ。
キャンセルは確かにいけないけど、もう少しましな対応は出来なかったのかね?
おさかなくわえた名無 |  2011.02.23(水) 00:46 | URL |  【編集】

コンソメスープwwwwwwwww
クソワロタwwwwwwwwww
  |  2011.02.22(火) 22:56 | URL |  【編集】

こ、コンソメスープ・・・?
どっから出てきたんだ、コンソメスープ!
おさかなくわえた名無 |  2011.02.22(火) 22:34 | URL |  【編集】

ミケランジェリでググってみた。どうやら気難し屋な上キャンセル魔で有名みたい。
ある時日本の公演でドタキャンして、主催者が訴訟を起こして賠償に愛用のピアノを差し押さえたらしい。(なぜピアノなのか?)
それから当分の間は(10年ぐらい?)日本嫌いがつづいた。かなり高齢になった頃には日本公演もあったらしい。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.22(火) 22:10 | URL |  【編集】

五右衛門コメが連続してるww

「釜茹での刑(←ボイルw)」のはずなのに、一体何がどうして
コンソメスープになってしまったんだろう?
おさかなくわえた名無 |  2011.02.22(火) 22:00 | URL |  【編集】

釜茹での刑は油で行われていたことからすると、むしろ揚げ物になった人と言う方が当てはまりそう
でもスープになったと言われると残酷さがかなりの割合でなくなるなあ。実際は惨い刑なのに

今回のエピもなごなごさせて頂きました。これからも更新楽しみにしてます。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.22(火) 21:51 | URL |  【編集】

勝手にコンソメースープにしないでくれw

>埼玉県の伊奈学園だと、
>第15回環太平洋音楽祭でグランプリ。第27回ウィーン国際青少年音楽祭で1位。
>(ほぼ)世界一なのに誰も知らない。
地元だけど、たった今知ったわ…
おさかなくわえた名無 |  2011.02.22(火) 21:35 | URL |  【編集】

板前さん、すごいな。
これが本当の教養人だ。
名無しさん |  2011.02.22(火) 21:21 | URL |  【編集】

板前さんの答えがふるっていた>>
 今はどうか知らんが、昔はちゃんとした料亭なら仲居さんにお茶お花お琴くらいは習わせたんだそうだ。女将クラスになるとこの上に香道だの和歌だの書道だのが加わり、どんなエライ人が来てもちゃんと席が持てるように仕込まれる。
 一般庶民クラスの人の教養レベルが高いって、世界基準で見ると凄いことなんだな。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.22(火) 21:19 | URL |  【編集】

イシカワさんとかフイタwwwwwww
コンソメスープにはなりませんww
おさかなくわえた名無 |  2011.02.22(火) 20:30 | URL |  【編集】

板前さんの答え方には脱帽。
知っていても、こんなこと言える人ってなかなかいないと思う。
会ってみたいぐらいだ。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.22(火) 20:19 | URL |  【編集】

日本の小中高生の吹奏楽人口ってかなり多そう。そして社会に出た元吹奏楽部もいるから演奏会とかも盛況そう。学生時代の部活動ってその分野の裾野を広げるのに大いに貢献してるよね。
イシカワさんじゃ分からないよなwそしてコンソメ・・・向こうでは澄んだスープっていう感じの意味みたいだね。
           |  2011.02.22(火) 20:06 | URL |  【編集】

ミケランジェリはウィキペディアみるとむしろ日本との関係が悪かったような感じだけど、そうなるのはスレのエピソードの後なのかな、前なのかな。

どっちにしろ自分の目で見て日本を知った後に嫌いと判断したならまぁ構わないけど。(見もせずに勝手なイメージで日本批判する人たちには腹がたつが)。
  |  2011.02.22(火) 20:01 | URL |  【編集】

五右衛門風呂に入れたらどんな反応するんだろうか
おさかなくわえた名無 |  2011.02.22(火) 19:27 | URL |  【編集】

日本の吹奏楽(中学~高校生)は世界トップクラスのレベル。
だけど、マスコミの扱いが低いからニュースにならない。

埼玉県の伊奈学園だと、
第15回環太平洋音楽祭でグランプリ。第27回ウィーン国際青少年音楽祭で1位。
(ほぼ)世界一なのに誰も知らない。

中国人の友達も、SAXを趣味でやってるのだが、日本のYAMAHAを銀座本店で買ってた。
中国でも買えるじゃん?と言ったら「中国で売ってるのは偽物かもしれないから」だって。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.22(火) 18:42 | URL |  【編集】

イシカワさんとスープでは五右衛門を連想できんわ
つーか、食いモンにするなwww
おさかなくわえた名無 |  2011.02.22(火) 18:40 | URL |  【編集】

イシカワさんって誰かと思ったら五右衛門ww
日本好きでいてくれて嬉しいなと和んでたのに、コンソメで吹いたww
おさかなくわえた名無 |  2011.02.22(火) 18:10 | URL |  【編集】

板前さんかっこいい!
たしかに教養の高さというか品を感じる見事な返し方だ。
   |  2011.02.22(火) 18:00 | URL |  【編集】

日本人は石川五右衛門はボイルされたと思ってて、スープになったとは思っていないんだよねw

先日のNHK-BSの「Cool Japan!」はテーマが「日本の音楽」だった。
イタリア男性がイタリアでオーボエをやっていることを話すとイタリア人はオーボエという楽器がピンとこないのに日本人はみんな分かってくれる。
米人男性は期待せずに聴きに行った高校の吹奏楽部の発表会のレベルが高くて驚いたと言っていた。
日本の一般人が受ける音楽教育ってレベルが高かったんだね。

そして美しい日本料理を作る板前さんは言葉のセンスも絶妙でなんか嬉しくなった。
おさかな |  2011.02.22(火) 17:54 | URL |  【編集】

コンソメスープ言うなwww
おさかなくわえた名無 |  2011.02.22(火) 17:46 | URL |  【編集】

ミケランジェリは何度目かの来日の際、リサイタルのキャンセルで招聘元と訴訟沙汰になったはず。その後日本に対する心象も悪く変わってたと思う。
おさかなくわえた名無 |  2011.02.22(火) 17:23 | URL |  【編集】

非常によく出来たコンソメスープの場合、スプーンの金属の味が邪魔になる時がありますね。
~美味しんぼ~山岡士郎談
おさかなくわえた名無 |  2011.02.22(火) 17:21 | URL |  【編集】

こんそめー!
おさかなくわえた名無 |  2011.02.22(火) 17:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nihonnagonago.blog115.fc2.com/tb.php/590-5c5fdbbe

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |