2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.10.13 (Wed)

距離を縮めるふたり(蘭とじいさんシリーズその2・part157スレ)

668 :おさかなくわえた名無しさん :2010/09/05(日) 08:44:30 (p)ID:oLFW+mOO(3)
以前、英国人と蘭とじいさまの話を投稿した者です。

小生も蘭が好きなので、その後くだんの英国人(以下英)がどうしてるか聞いてみた。
(7月に連れて行ったのは風蘭の会。花どきなのでこの時期に会合する。
風蘭は日本固有の着生種。
掌サイズで葉の形や模様、空中に突き出す根先の色合いが鑑賞対象になる。
花はバニラみたいな香り)

「プロフェッサー(じいさまのこと)の家に3回行ったよ。小さいNIWAがあってキンギョがいた。」
「彼が家で着ているサムエを買ったよ。あれ涼しくて機能的。」
「彼の書斎はクールだった。タタミに座るタイプの机があって、壁中本棚なんだ。」
「お昼をご馳走になった。ソーメンとスイカ、キュウリ入りの冷たいミソスープ、
 野菜のピクルス、黄色いメロン(まくわ瓜?)、
 野菜と香辛料がいっぱいかかった冷たいトーフ、桃、いろいろ。
 ちゃんと夏用の食べ物があるんだ。奥さん優しい。」
「麦茶ってさっぱりしてておいしい」
「日本の夏のくだものって甘くて水気たっぷりでおいしい」
「カキゴオリって家で作れるんだね。でもたくさん食べると鼻が痛くなる」

以下延々食べ物の話が続いた。どんだけ上がりこんでんだお前は。

669 :おさかなくわえた名無しさん :2010/09/05(日) 08:46:20 (p)ID:oLFW+mOO(3)
俺「ちょっとまて。蘭はどうした」
英「プロフェッサーのコレクション見せてもらった。
 たくさん風蘭と春蘭(これは3月頃に咲く地生種)の鉢があった。
 温室なんか要らないんだ。
 彼は『自分が見て美しいかどうか』がポリシーだって。
 美しいと感じるポイントを鉢を見ながらいろいろと話した。
 僕もそういうポリシーで集めたいな。」
英「今年の蘭の銘鑑もらった。彼は何十年分もとってるんだ。
 僕も集める(銘鑑は数百種の銘柄が相撲の番付表みたいにランク付けしてある)。」
俺「何か方向性決めたのか?」
英「うん。もう日本蘭一筋に決めた。彼の家で見たけど、風蘭の縞柄が綺麗だった。
 縞柄って気まぐれに出るんっだって。楽しそうだから」
俺「今まで持ってたのはどうするんだ?」
英「蘭好きの友人にあげる。だって洋蘭ってケバケバしてて自己主張激しいし。
 それに温室でないと育てられない。わがままだ」
俺「そういうけど日本蘭も難しいぞ。」
英「プロフェッサーが言ってたけど、日本蘭は寂しがりやなんだって。
 あまりいじくり回すのは嫌いだけど、放っておいてもだめなんだ。
『蘭は足音を聞いて育つ』って。いつも見ていてあげないといけないんだって。」
俺「わがままな洋蘭とどこが違うんだ?」
英「全然違う!プリンセス扱いしなきゃいけない金のかかる高飛車な女と、
 プライド高くて質素で寂しがりやの女じゃ大違いだ!」
俺「後者の方がめんどくさそうじゃないか」
英「日本人なのにツンデレの魅力がわかんないの?
 (俺から見るとこいつも十分ツンデレだ。転勤してきてから慣れるまで大変だった)」」
英「来週末にまた行く約束してるんだ。
 キューガーデンの話が聞きたいって言ってたから僕の本を持っていく」

お前、蘭と女は同じかい。それにじいさまの高齢を忘れるなよ。

ちょっと悔しかったから、
小生が高校で読まされたイワ○ミ新書の「自由と規律」の目次を読み聞かせて
「日本ではこうあるように教育されるんだぞ。じいさまもお前をそう思ってるぞ」と脅してやった。
(これは英国のパブリックスクールの教育方針を書いた本)

687 :おさかなくわえた名無しさん :2010/09/05(日) 14:15:17 (p)ID:oLFW+mOO(3)
>>668
投稿者です。説明不足で荒らしっぽくなってて失礼。
風蘭の日本での園芸ジャンルは「富貴蘭」で確立されています。
文化文政の頃に徳川家斉がハマったのがはじめとか何とか。
22:41  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
Powered By 画RSS

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nihonnagonago.blog115.fc2.com/tb.php/563-e4587b90

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。