2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.11.26 (Thu)

続・バイキングの国から来たアイツ(part134スレ)

38 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2009/10/21(水) 11:49:00 (p)ID:E9mRfbMr(6)
スウェーデンの超人が、『日本刀が見たい』なんて言いだしたのよ。
博物館に行けば話が早かったかも知れないけど、
それに費やされる時間が多くてコースに組み込む事も躊躇していたのね。

で、車で銀座に行った帰りに警視庁の近くで
偶然にも「日本刀 KATANA」って書かれた看板を見つけたのよ。
英語でも書いている位だから説明はラクだろうって思って入ったのね。
そして、偶然にも展示会をやっていたから二人で独占状態で見れたんだけど……

誰か、日本刀の真剣って間近でまじまじと見た事有る人っている?
ありゃ凄いよ。本当に凄い。刀の形をした鏡なんじゃないかと思う位。
俺はその店で刀を見てから、いわゆる「妖刀」の存在ってのを信じている。
見ているとマジで刃物の中に吸い込まれるって感じ。金額も二千万オーバーのレベル。
店の人は、外国人慣れしていて英語でペラペラと説明している(これにも驚いた)

で、最初は感動しまくって刀を見ていた彼も
ヽ(´▽`)ノ → (・_・) → (_ _;) って感じに次第に打ちのめされているのよ。

日本人の俺が見ても想像を絶するから、
外国人の彼なんかもっとショックを受けているのね。
『見ているだけで死ねる』
『これは武器じゃない。芸術だ』
『これで切られたら苦痛の中で天国を見るだろう』とか言っているワケ

で、見ているだけでヘロヘロになる超人。
店の人は「良く有る事なんですよ」なんて平気な顔をして言う(笑)

最後に1階で英語で書かれた刀の歴史みたいな本を買ったんだけど、
お釣りに出されたのが全てピン札で硬貨は綺麗に磨かれたヤツだったのね。
とにかく全てにおいて圧倒。
彼も本来だったら ヽ(´▽`)ノ な顔をしたかったんだろうけど、間違い無く体力ゼロ(笑)

以上、今回は「和もうと思ったら、それ以上のショックが待ち受けていた」って話。
スレ違いだったらゴメン。
17:01  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(47)
Powered By 画RSS

Comment

大三島は本当にすごいね
甲冑も素晴らしい物ばかりだよ
本当に国宝級だらけのとんでもないところ
おさかなくわえた名無 |  2012.07.21(土) 13:36 | URL |  【編集】

昔、父の実家付近(愛媛県の大三島)に義経が奉納した刀を展示してる博物館があるっていうから、行ってみたことがある。日本刀が好きな人は一度行ってみるといいよ。とにかくすごかったから。
おさかなくわえた名無 |  2010.08.08(日) 07:12 | URL |  【編集】

>ぽんさん
刀は持ち主を決める為に点々と旅をするからね
おじさんの所で正解だったと思う
おさかなくわえた名無 |  2009.12.18(金) 01:32 | URL |  【編集】

最高級品砥石(既に掘りつくされ現物しかないので)は1本10億円とか言ってたな。

たしかに最高級砥石にはそんなのもあるとは思いますが、一般の刀の手入れに使うのはもっと安い物だと思いますよ。下のアドレスに打粉による刀の手入れ法が載っています。参考までに。
ttp://www.touken.or.jp/toriatsukai/teire.html
おさかなくわえた名無 |  2009.12.04(金) 13:51 | URL |  【編集】

>>抜き身にポンポンと油を打っていた。


それは油じゃない筈。砥石の粉だと思う。
しかも金並みに高価な天然最高級砥石の粉ね。
バブルの頃、京都老舗の砥石屋さんをTVが取材してて、最高級品砥石(既に掘りつくされ現物しかないので)は1本10億円とか言ってたな。
おさかなくわえた名無 |  2009.12.04(金) 00:16 | URL |  【編集】

ヽ(´▽`)ノ → (・_・) → (_ _;) って感じに次第に打ちのめされているのよ。

わかるなこの感じ!
中学生の時友達の家に遊びにいったんだけど、友達の親父が日本刀の手入れしているのに遭遇したのよ。
応接間のテーブル挟んだ向こう側で親父は抜き身にポンポンと油を打っていた。

距離にすれば3メートル以上離れているんだけど背筋が寒くなってきた。
圧倒的存在感!
中坊4人居たんだけどみんなヘロヘロになっちまった。
おさかなくわえた名無 |  2009.12.03(木) 20:52 | URL |  【編集】

>2009/12/01 Tue 00:05

 たたらであってるはずだけどな? ただし、江戸時代にならないと完成していない(玉鋼にならない)状態だったので区別されているのかも。たたら製法自体はたしか平安頃入ってきたと思われ。
おさかなくわえた名無 |  2009.12.01(火) 14:31 | URL |  【編集】

祖父の遺品から日本刀がでてきた。
祖父は五男で、海軍に入って家を出る時にもらったものらしいので、
名刀とかじゃなく、実用のためなんだと思う。
父と「これ、どうする?」って話になって。
実際手に持ってみた。重い。
少し抜いてみた。
なんか「あぁ、これはちゃんとした人がもたなきゃいけないもんだな」と感じた。
結局、父の知人に譲ることにした。

それまで、日本刀に憧れみたいなものがあって、
祖父が持ってるなんて知らなかったから、
刀剣屋さんで購入したいなぁくらいの気持ちもあったのにね。

「伝家の~」とか「我が家に代々伝わる~」
ってのをやってみたい気持ちもあって。
惜しいことしたかなぁとも思うけど。

自分の気位が刀の気位に足りない気がするんだ。
ぽん |  2009.12.01(火) 12:57 | URL |  【編集】

タタラ以前の製鉄法

どうも、古刀はタタラ製法で作った地金で無いらしいというのを、昔、或る文献で読んだ記憶があるが、詳しい人が居たら説明求む。



おさかなくわえた名無 |  2009.12.01(火) 00:05 | URL |  【編集】

居合の段持ちだけど、真剣ってのは怖いよ。本当にすっぱり切れるから。
鞘に納めるときに少しだけ手がかかってて、いつの間にか血が出たときあるけど、気付かなかった。痛くないのね。
それだけ切れ味は凄まじい。
あと、いつも目釘が壊れるんじゃないかという不安に駆られる。
でも日本刀は日本にとって誇るべき文化だ。
おさかなくわえた名無 |  2009.11.30(月) 14:18 | URL |  【編集】

虎ノ門の日本刀剣かな
「JAPAN SWORD」って出てる
おさかなくわえた名無 |  2009.11.30(月) 14:15 | URL |  【編集】

あちこちの地方の博物館だとか、資料館とかにも結構日本刀が展示されてるので、かなり観てる。
ただの鉄の塊だと思ってみても、違うんだよねぇ。もうとにかく、生気を吸い取られるような気がするわ。妖刀って現実にあるんだって思えるんだよな。と同時に、カタナは武士の魂でござるってのが、現実感を持ってくるんだよな。戦国~のマスプロ時代ならタダの武器で済んだのかもしらんが。
   |  2009.11.30(月) 00:05 | URL |  【編集】

岡山在住なので二度ほど備前長船の刀剣美術館行ったことあります
日本刀を打つ製法でつくられた包丁やサバイバルナイフを売ってるので思わず買ってしまいましたが、箱から出したことはないです
やっぱり刀にせよナイフにせよ、魅せられるけど怖い
おさかなくわえた名無し |  2009.11.29(日) 20:04 | URL |  【編集】

刀vsウォーターカッター ってのもあるぞ
市販の包丁だと包丁のほうが紙みたいにつぶされてましたが
日本刀は刃こぼれ一つありませんでした。
水圧は3tとかだったはず。

滝を斬るってのも出来るかもしれんわ
おさかなくわえた名無 |  2009.11.29(日) 15:50 | URL |  【編集】

トリビアであった銃VS刀っての思い出したわ。
鍛える人もそれを振るう人も心技体だね。
おさかなくわえた名無 |  2009.11.29(日) 10:55 | URL |  【編集】

本人です。管理人さん。鮭タグ有難う。

皆は刀剣柴田って思っているみたいだけど、実は不正解。
後、KATANAじゃなくてSWORDかも知れない。ここらはイマイチ記憶があやふや。
(KATANAだったと思うけど……)

銀座の帰りです。警視庁の近く。
展示会はやっていない時もあるかも知れないから、それだけは理解してな。
まぁ、ググりゃ分かると思うよ。

後、あのレベルの日本刀を見た俺としては、刀を持って切りたくなる心を抑えるってのも、武士としての最低条件なんじゃないかと思っています。ハイ。
  |  2009.11.29(日) 07:52 | URL |  【編集】

10年程度前に父方の爺さんの太刀(現代刀)を見つけて手にとって抜いてみたことがある。
たしかに重量感が半端なかった。
刃を見ていると心が氷のように静かに冷たくなっていくし…。
…以来怖くなって触っていない。
魅せられるけど、刀そのものに精神を飲み込まれかねないよ…ホント。
おさかなくわえた名無 |  2009.11.29(日) 03:28 | URL |  【編集】

はじめまして。最近ここを知り、和ませて頂いております。
本物の日本刀は、叔父が手入れをしている所に居合わせた時、手に取らせてもらい、その重量感に驚きました。
見つめていると何やら肌寒くなり、右の鎖骨からバッサリ感がして怖くなりました。ですが、確かに美しく、見入ってしまう代物でした。
思い出すだけで、右の鎖骨がザワザワします。
見るだけで切れ味を体感してしまう日本刀は、美しくも怖い物で、神社に有るべき物な気がします。
武士の居ない今、居合道の人意外は個人で持つのはいろんな意味で危ないですよね。

富士山 |  2009.11.28(土) 20:16 | URL |  【編集】

浅草にも刀屋あるよね。ちょっと裏の店だから見つけにくいけど。
でも探究心満載(笑)な外国人旅行客は目ざとく見つけて、くっぎづけになってるんだよ。いつもの大袈裟なリアクションもなく、静かーに食い入るように。
それに和むがどうかは見る人次第だけど、日本のものを真剣に見て、聞いて、触れて、何かしらの感動を受けてくれてるのを見たら、嬉しい気持ちになるよね。
おさかなくわえた名無 |  2009.11.28(土) 19:32 | URL |  【編集】

私も皇室の名品展でいくつか拝見しましたよ。
刃だけの展示でしたが、そう確かに日本刀の誘引力は凄くて、その場から動きたくなくなるぐらい釘付けになりました。スレにあるように鏡のような煌めきは、ダイヤモンドにも勝るとも劣らないんじゃないかと思いました。存在感が圧倒的なんですよ。

おさかなくわえた名無 |  2009.11.28(土) 13:51 | URL |  【編集】

日本刀、ここ2年の間に数回目にする機会に恵まれましたが、確かに凄いですね。
一旦見ると、日本刀の持つ独特の空気というか気配にのまれてしまって、
暫くそのまま目が離せなくなってしまいました。
おさかなくわえた名無 |  2009.11.28(土) 13:12 | URL |  【編集】

真剣は直に見たこと無いけども
出来の良い模造刀ですら心にクルものがあるからなぁ
安かったから思わず買ってしまった
おさかなくわえた名無 |  2009.11.28(土) 12:30 | URL |  【編集】

すごく分かる。
先日、上野の皇室関連の展示会を見に行ったよ。
そこにあった明治天皇へ贈られた名刀の数々には震えが走った。
おさかなくわえた名無 |  2009.11.28(土) 09:48 | URL |  【編集】

場所の特定はまだか!?
おさかなくわえた名無 |  2009.11.28(土) 07:40 | URL |  【編集】

前のスレでもあった桜にしろ刀にしろ先人達が魂を惹きつけられたものにはそれなりの理由があるんだろうな。
そしてそれだけの物を常に腰に差しながら乱されない精神の強さを持ち続けた侍かあ・・・かっこいいな。
いつか本物の古刀を見てみたいものだ。
名無しさん |  2009.11.28(土) 04:02 | URL |  【編集】

2chでは日本刀上げしてると、日本刀過信しすぎとか、書き込む人が出てくるけど

ここの皆は刀大好きね(笑
もちろん私も大好きですよ。ちゃんとした実物みたことありませんが
おさかなくわえた名無 |  2009.11.27(金) 21:56 | URL |  【編集】

日本刀って綺麗なものだったのか…。テレビとかでしか見たことないからなぁ。
いつか機会があったら見たいな。是非吸い込まれてみたい。
おさかなくわえた名無 |  2009.11.27(金) 21:11 | URL |  【編集】

>室町時代あたりの古刀

さらっと書いているけど、これってすごいことですよ。

手入れされているとはいえ、大体500年前の武器が、現役で使えるわけですから。

私も遊就館に行って、古刀を見たことがありますが、あれは怖いというか畏怖ですね。
tanuki |  2009.11.27(金) 20:55 | URL |  【編集】

>>『これで切られたら苦痛の中で天国を見るだろう』

 トキ?
おさかなくわえた名無 |  2009.11.27(金) 17:49 | URL |  【編集】

夏に水墨美術館で刀の展示やってたんだよなあ
知ってたんだし、行っておけば良かったorz
おさかなくわえた名無 |  2009.11.27(金) 17:36 | URL |  【編集】

宝石とかなんかの結晶に魅せられる感じかな?
宝石もそんな話聞くよね
おさかなくわえた名無 |  2009.11.27(金) 15:33 | URL |  【編集】

>『見ているだけで死ねる』
あなたはもう、アレだ、居合いでも習えば良いよw

>『これは武器じゃない。芸術だ』
いいえケフィ…ゲフンッ、武器です。
芸術の域に達しちゃった武器です。

>『これで切られたら苦痛の中で天国を見るだろう』
首をすっぱり切り落とされたりしたら、
苦痛を感じる前にあの世行きだから安心汁!
と教えてあげてw
おさかなくわえた名無 |  2009.11.27(金) 14:10 | URL |  【編集】

それを創った職人の魂とそれを使った人の魂と
それで斬られた人の魂が全部込められているわけだ
そりゃ何かあるよなー…
おさかなくわえた名無 |  2009.11.27(金) 13:49 | URL |  【編集】

銀座の刀剣商っていうと、先に挙げられている通り刀剣柴田が思い浮かぶ。
二千万円って、かなり上物の古刀だよねえ。
現代刀なら注文打ち六十五万~百万円程度だし。
おさかなくわえた名無 |  2009.11.27(金) 10:32 | URL |  【編集】

刃引きしたなまくらでも魅せられる。ちょっと手に持って眺めてたら、兄に取り上げられたよ。目の色が変わってたと言われた(´・ω・`)心がスウッと静かになるような、毛羽立ってまとまりの無かった毛が瞬時に紡ぎ上がって一本の糸になる、そんな奇妙な感覚を味わった。
  |  2009.11.27(金) 02:30 | URL |  【編集】

刀の展示方はもっと工夫した方が良い気がする。ガラスを通さないリアルな日本刀の迫力を見せる方法があれば、全然違うものになると思う。
おさかなくわえた名無 |  2009.11.27(金) 01:40 | URL |  【編集】

いっぺん300万くらいの見せてもらった事あるけど綺麗だよね。
綺麗すぎて怖い、怖い以上に誘引力が凄くてもうどうしようもなくなる。
色んな刃物あるけど、日本の刃物って本当に見ているとひきこまれる。
包丁なんかでも海外製の切れ味凄いやつ見てもいいな~と思うだけだけど、日本の包丁見たらもう・・・。圧倒されるよ。
それよりも凄い感動がある。日本刀は。
おさかなくわえた名無 |  2009.11.27(金) 01:39 | URL |  【編集】

刀剣柴田かな。
おさかなくわえた名無 |  2009.11.27(金) 01:33 | URL |  【編集】

うちのおばちゃんちにもあったなー、凄い日本刀。おじちゃんが趣味で何本か集めてたけど、受け継ぐ人が亡くなってしまって…。そしておじいちゃんが亡くなったあと、全部博物館に寄附しちゃったんだよね。
でもあれは凄いよ。相対すると、凄く消耗する。魅了されると言うか。魂を引っ張られる気がする。
おさかなくわえた名無 |  2009.11.27(金) 01:20 | URL |  【編集】

テレビ越しでしか真剣は見た事無いけど、実際に見たらものすごく美しいんだろうなぁ・・・。
おさかなくわえた名無 |  2009.11.27(金) 00:18 | URL |  【編集】

そういえば、日本刀の刃ってまじまじと見たこと無いな
床の間に飾ってあるやつならあるけど
刃があるかどうかわかんないし

その吸い込まれる感じを体験したいものだよ
おさかなくわえた名無 |  2009.11.26(木) 21:14 | URL |  【編集】

日本刀はちょっと刃物の事かじってナイフとか自分で研げる程度の自分は
実際目の前でスルスル紙切られてその切れ味に凄い衝撃を受けた事がある
あれは迂闊に扱うと間違いなく自分を切る
鞘に納めるのに失敗して指落としちまう
おさかなくわえた名無 |  2009.11.26(木) 20:45 | URL |  【編集】

おおっ!!そんなに凄いんだ、日本刀って!!
一回は、ガラス越しじゃなく生で見てみたいなぁ。
でも、刀にもよるんだろうね。
ここで見た刀は、良い刀だったんだろうなぁ。
スエーデン人さんも本物見れてよかったね!
nono |  2009.11.26(木) 20:39 | URL |  【編集】

 日本刀の販売店だと現代刀かな?
現代刀もいいけど、古刀はもっと魂が吸い寄せられるよw

 このレスを見た後に某神宮の宝物館に行って見学したけど、同じように見えて違うんですよ。
 スウェーデンの超人さんにも一度、室町時代あたりの古刀を見ていただきたいです
ちんちろりん |  2009.11.26(木) 19:58 | URL |  【編集】

そうか、銀座にそんなとこがあるのか
ただで見れるなら行ってみようかな
おさかなくわえた名無 |  2009.11.26(木) 19:55 | URL |  【編集】

確かに刀の輝きは、視線どころか魂のすべてを持っていかれそうになる。
例の妖刀村正を直に見た時は、マジでヤバいと思った。
私もこのバイキングさんと、近接戦闘用武具に関してお話してみたいなぁ…
おさかなくわえた名無 |  2009.11.26(木) 19:51 | URL |  【編集】

解ります。
自分も日本刀が好きで展示会を見に行った事がありますが、本当に凄い。
刀身の美しさ、艶かしさに魂が込められているというのも頷ける説得力がそこにあるんですよね。
見ているだけで、強烈な独占欲に駆られることもしばしばです。
G |  2009.11.26(木) 17:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nihonnagonago.blog115.fc2.com/tb.php/472-8d2c0d97

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。