2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.01.07 (Mon)

あの日のギムレット(part38スレ)

300 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2006/09/28(木) 19:02:09 (p)ID:5u8lR1u5(3)
もう数年前の話・・・出張中の事。

赴任して数週間、新天地に馴染めず毎日酒場に繰り出す有様。
そんなある日、近くの居酒屋で自分同い年位の米国人男性と会った。
その人もなんとなく寂しそうなので一杯ご馳走する代りに、
話相手になってもらおうと思って、ビールご馳走してみた。

その男性は初めはビックリしてたものの、私の方を見て
「ありがとうございます」と流暢な日本語の返事と笑顔が。
そして、一緒に飲みませんかとお誘いが。
それで彼の話を聞くと、元々日本が大好きで、
最近旅行で日本に来てみたものの、やっぱりそこは見知らぬ地、
右も左も判らず、寂しく暇を持て余していたとのこと。
どうやら、その人も日本に暫く滞在するらしので、
時間がある時には一緒に飲もうと約束をし、その後
かなりの頻度で一緒に遊ぶ関係に。

それから約1年後、彼とはもう親友といって良いほどになっていた。
ある日、割りと馴染みにしていたバーに二人で行き、
そこで彼は「そろそろ、帰国しなければいけなくなった」と告げ、
「それで今までの感謝の気持ちとして、一杯奢りたいんだけどいいかな?」と。
それまでは、二人の間では基本的に割り勘が約束で、
安易に奢ったり、ねだったり等は二人ともしなかった。
その時は、私は割りと軽い気持ちで「じゃぁ、お願いするよ」と頼んだ。
そして、彼が頼んだカクテルを飲み、その日は何時も通り
酔っ払いになり何事もなく終え帰宅の途へ。

301 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2006/09/28(木) 19:05:24 (p)ID:5u8lR1u5(3)
数日後、彼は本国に帰国する事になり、彼の見送りに私も同行した。
そして、彼は私に「本当に滞在期間は楽しかったよ、一生の思い出だよ」と言った、
その大げさな返事に私は、「そんな大げさな事じゃないだろ?また来いよ。」と
そう言うと、彼は少し悲しそうな顔をして、「そうだね。来れる様に頑張るよ」と。
最後に彼は、「またな、来世でもな」といって本国に帰った。

数ヶ月後、ようやく出張の仕事が終わりかけていた頃、一通の国際郵便が。
それは彼が病気で、この世を去ったとの旨の内容だった。
彼は治療不可能な病気に懸かっており、来日した時には余命半年と言われていたらしい。
彼の手紙には「日本滞在の時には本当に世話になった、もう自分はこの世にはいられないが、天国で日本の良さと素晴らしさを伝えるよ」との内容が。
また、ご両親からの手紙にも「息子は日本が大好きで、帰国後、毎日私達に日本の話や、
貴方の話をしていました。貴方のお陰で、余命を伸ばしてもらい、
そして苦しまず天国へ行けました。本当にありがとうございました。」と内容。
この手紙を読んだ時は思いっきり泣きましたがね。

そしてハードボイルド小説が好きだった彼の遺言には、こんな事も。
「『長いお別れ』ではないが、あの日あの店でご馳走した『ギムレット』を
もう一度頼んでくれないかな。」と。
まぁ、判る人には判ると思うけど、未だにその遺言は果たしていないが。

なんかgdgdですまん。
あんまり、日本びいきな話にならんですまん。
本人は日本好きだったんだけどな。
17:01  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(9)
Powered By 画RSS

Comment

久々に読んでも心がキューっとなる(T_T)
おさかなくわえた名無 |  2015.06.07(日) 02:34 | URL |  【編集】

レイモンド・チャンドラーの小説『長いお別れ』に登場し、「ギムレットには早すぎる」という名セリフで一躍有名になったカクテル。このカクテルが生まれたのは19世紀後半。当時のイギリス海軍では、将校にはジン、船員にはラムの水割りを毎日配給していた。海軍の軍医、ギムレット卿は、健康のためにジンをライムジュースで薄めて飲むように提唱。これがギムレットの始まりとなった。
おさかなくわえた名無 |  2014.03.08(土) 12:39 | URL |  【編集】

涙が止まらない
おさかなくわえた名無 |  2014.03.08(土) 12:34 | URL |  【編集】

ギムレットには早すぎる…

・゜・(つД∩)・゜・
おさかなくわえた名無 |  2010.10.25(月) 01:43 | URL |  【編集】

号泣してしまった…本当に名作映画みたいだ。
「強いお酒(ギムレット)を飲んで、忘れてくれ」ということか。できるわけないだろ…
これマジで映画化希望。
おさかなくわえた名無 |  2010.10.22(金) 09:01 | URL |  【編集】

スレ間違えました
すみません!
おさかなくわえた名無 |  2009.01.06(火) 00:14 | URL |  【編集】

個人的には『水に流す』というより『罪を憎んで人を憎まず』だと思ってる
おさかなくわえた名無 |  2009.01.06(火) 00:12 | URL |  【編集】

国籍は異なっても、思いは同じですね。悲しいけれど、当事者二人の、優しさが嬉しいです。ご冥福を祈ります。
おさかなくわえた名無 |  2008.04.20(日) 11:52 | URL |  【編集】

まるで名作映画の様だ・・・
泣いちまったよ・・・
おさかなくわえた名無 |  2008.01.09(水) 09:45 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nihonnagonago.blog115.fc2.com/tb.php/165-4041aec6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。